ユーロライブ

文字サイズ

渋谷らくご

渋谷コントセンター

映画・音楽・文学・演劇・演芸その他

HEADLINE

2016.11.30

今後の予定

2016年12月9日(金)~12月13日(火)

『渋谷らくご』(定期落語会 シブラク) サンキュータツオ・キュレーション

今月のみどころ

「渋谷らくご」とは……

<初心者が、いつ来ても楽しめる落語会>
として設計されています。毎月第二金曜から5日間連続10公演
どの回にいらしても満足していただけるような演者さんと番組をご用意して、皆様のご来場をお待ちしております。

もちろん、初心者にも伝わるということは、落語通も唸るもの。「ホンモノ」の演者をサンキュータツオが厳選し、なんの予備知識がなくても楽しめる、新しいタイプの落語会です。

▼今月決定!2016年渋谷らくご大賞&創作大賞
昨年に引き続き、12月公演ではこの一年、目覚ましい活躍を遂げた二つ目に「渋谷らくご大賞 おもしろい二つ目賞」が決まります。また、最終日の最終公演「林家彦いちプレゼンツ 創作らくご大賞」を決める公演も!次の時代を作る落語家はだれなのか!? どの公演にいらしても躍動す若手がご覧になれます。

▼初心者が、ひとりで行くのも安心な雰囲気
映画館を改装してつくられた劇場ユーロライブ。ゆったりとした座席に、個性豊かな四人の演者。同世代から、少し上の世代の落語家まで。必ずお気に入りの演者さんを見つけていただけると思います。興味をもったその時、思い切って一歩を踏み出す場として設計されたのが「渋谷らくご」です。

▼どの回でも充実のトリ陣 持ち時間は全員30分!
一級品の腕をもつ師匠方に、才気あふれる二つ目たちがおなじ持ち時間で勝負を挑み、ベテラン真打が間に入って盛り上げてくれます。学生さんでも社会人でも、中間管理職でも上役でも、だれかに感情移入できる演者さんが必ずいます。持ち時間は全員30分! 寄席より長く、独演会よりも短いこの時間の使い方の妙を味わっていただければと思います。

▼平日18時の「ふたりらくご」も熱い!
「いきなり2時間で4人は、重たいかも…」「学校帰りに寄りたい」「仕事中抜けして…」そんな方には「ふたりらくご」もオススメ。平日18時からの1時間、演者は二人。午後半休をとってでも見たい! 贅沢な時間をご提案します。

*浪曲 **講談 
★お楽しみ=会場に来た方にその場でわかるお楽しみの出演者のことです。
12月9日(金)
18:00-19:00  「ふたりらくご」 入船亭扇辰 隅田川馬石
20:00-22:00  「渋谷らくご」 柳家わさび 神田松之丞** 桂春蝶 春風亭一之輔
12月10日(土)
14:00-16:00  「渋谷らくご」 入船亭小辰 柳亭小痴楽 玉川奈々福* 春風亭昇々
17:00-19:00  「渋谷らくご」 立川志ら乃 古今亭志ん八 雷門小助六 神田松之丞**
12月11日(日)
14:00-16:00  「渋谷らくご」 柳亭市童 柳家緑太 立川左談次 春風亭柳朝
17:00-19:00  「渋谷らくご」 瀧川鯉斗 柳家ろべえ 瀧川鯉八 入船亭扇里
12月12日(月)
18:00-19:00  「ふたりらくご」 雷門音助 橘家圓太郎
20:00-22:00  「渋谷らくご」 立川こしら 玉川太福* 春風亭百栄 ★お楽しみ
12月13日(火)
18:00-19:00  「ふたりらくご」 橘家文蔵 立川談笑
20:00-22:00  「しゃべっちゃいなよ」 春風亭昇々 笑福亭羽光 立川吉笑 桂三四郎 三遊亭粋歌 林家彦いち
開場=開演30分前 
出演者は予告なく変わることがあります。
  • 林家彦いち
    Ⓒ橘蓮二

料 金

料 金
「渋谷らくご」「しゃべっちゃいなよ」
当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・落研1,200円/会員2,200円
前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・落研1,000円/会員2,000円
5枚回数券(6か月間有効/窓口でのみ販売)大人10,000円/学生7,500円/会員9,000円

「ふたりらくご」
当日券=大人1,200円/学生900円/高校生・落研600円/会員1,100円
前売券=大人1,000円/学生700円/高校生・落研400円/会員900円

◇会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
◇当日券は開演1時間前より販売
◇全自由席(178席)◇券面記載の整理番号順に入場

◆電話による前売り予約 (平日10:00~18:00):0120-240-540(カンフェティチケットセンター

【11月11日午前0時よりWEB前売り発売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2016年12月16日(金)~12月17日(土)

テアトロコント vol.14 渋谷コントセンター月例公演

や団、初登場!東葛スポーツ、ワワフラミンゴ、Aマッソ、犬の心の計5組が出演のテアトロコントvol.14は11月25日(金)0時発売!

出演=(演 劇)東葛スポーツ、ワワフラミンゴ(両日)
   (コント)Aマッソ(両日)、犬の心(16日)、や団(17日)

   ◆4ユニット交代で30分ずつ上演ののち、アフタートークを行います。(全ユニット出演)

★コントと演劇のボーダー
「コントは、既存のフォーマットを破壊する短い演劇であり、未来の演劇の実験場である」
─これは渋谷コントセンター綱領の第2項です。
たとえ月に数日でも毎月公演を行う“コント小屋”が、コントと演劇の観客の眼力を頼りに、新たな公演形態に挑みます。その第1ステージは、テレビではできない、観られないコントを、コント師と演劇人が競演。いつかは交流を超えて化学反応を起こし、新しいジャンルが創出されないかという野望がこの「テアトロコント」です。

12月16日(金)
19:00 開場
19:30 開演(21時45分終了予定)
12月17日(土)
17:30 開場
18:00 開演(20時15分終了予定)
  • 東葛スポーツ
    サンプリングやラップなどヒップホップからの影響を受けた作風を特徴とする演劇ユニット。いとうせいこうフェスや、吾妻橋ダンスクロッシング、シブカル祭など、これまでに多くのイベントにも参加。葛飾区金町を拠点に活動する。
  • ワワフラミンゴ
    作・演出の鳥山フキを中心に活動している演劇団体。楽しく、不思議な作風。
カフェやギャラリー等での公演も多く、場所の特性を生かした作品づくりを得意としている。役者の声は小さめ(野外では大きい)。
  • Aマッソ
    変な構造と、おっかないくらい勢いのある関西弁。ねじれ女子の作り出す世界観はハマる。他で見ないタイプの笑わせ方だ。(いとうせいこう) 加納愛子(写真右)と村上愛 (写真左)、なにわ出身の女子コンビ。Aマッソでしか奏で得ない世界に引き込まれるのは間違いなし!
  • 犬の心
    押見泰憲(左)いけや賢二(右)。1998年にコンビ結成。淡々とした口調と独特の世界観から繰り出されるネタが彼らの持ち味。大宮ラクーンよしもと劇場を中心に活躍中。
  • や団
    本間キッド、ロングサイズ伊藤、中嶋享からなるお笑いトリオ。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。ナンセンスな世界観でダイナミックなボケやツッコミを駆使して3人の人間模様を描いていく。

料 金

料 金:当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・演劇・お笑い研1,200円/会員2,200円
    前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・演劇・お笑い研1,000円/会員2,000円
    □会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
    □当日券は開演1時間前から販売開始。
   ◆電話による前売り予約 (平日10:00~18:00):
    0120-240-540(カンフェティチケットセンター)
   ◆窓口販売 ユーロスペース(12:00~20:00)

    全自由席(178席)券面記載の整理番号順に入場。

【11月25日(金) 0時よりチケット販売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2016年12月22日(木)~12月23日(金)

お笑い×演劇ユニット 弱い人たち 第2回コント公演「もっと強くなりたい」

お笑い×演劇ユニット 弱い人たち 第2回コント公演「もっと強くなりたい」

弱い4人によるユニット『弱い人たち』、第2回公演開催!

「カツアゲを6回されたことがある」ラブレターズ・塚本、「バスケ部3軍補欠だった」ハイパーポテンシャルズ・ポテンシャル聡、「遠足で犬にお弁当を食べられた」ゾフィー・上田。この3人の芸人と、演劇界から「修学旅行で風邪引いてずっと寝てた」玉田企画・玉田。4人の『弱い人たち』が送るコント公演。2015年11月に第1回公演「強くなりたい」を開催。

【企画・脚本・演出・出演】
上田航平(ゾフィー)
塚本直毅(ラブレターズ)
ポテンシャル聡(ハイパーポテンシャルズ)
玉田真也(玉田企画)

【出演】
芝大輔(モグライダー)
岡野陽一
橋本小雪(日本エレキテル連合)
長井短
菊池真琴

川井檸檬
桧山征翔

12月22日(木)
19:00 開場
19:30 開演
12月23日(金・祝)
13:30 開場
14:00 開演
12月23日(金・祝)
18:30 開場
19:00 開演
  • 企画・出演:上田航平(ゾフィー)
    2014年結成。上田航平とサイトウナオキによるお笑いコンビ。2014年結成。事務所無所属でありながら、キングオブコント2014、2015、2016と3年連続準決勝に進出。シリアスかつブラックな雰囲気を醸しつつ、ゆがんだ正義でまっすぐに暴走していく不条理コントを展開する。
  • 企画・出演:塚本直毅(ラブレターズ)
    日本大学芸術学部で知り合った溜口佑太朗と2009年4月にコンビ結成、ネタを担当。「キングオブコント2011」では芸歴・年齢ともに最も若くして決勝進出。2016年には3度目の決勝進出。
  • 企画・出演:ポテンシャル聡(ハイパーポテンシャルズ)
    元ピテカントロプスの一人として活動していた時代に、キングオブコント2011・2012と準決勝進出。2014年12月にピン芸人として活動してきた増山緑とコンビを結成。
  • 企画・出演:玉田真也(玉田企画)
    2012年、青年団演出部に所属する玉田真也が旗揚げ。現在青年団リンクとして活動。日常の中にある、「変な空気」を精緻でリアルな口語体で再現するコメディを作る。観る者の、痛々しい思い出として封印している感覚をほじくり出し、その「痛さ」を俯瞰して笑いに変える。

料 金

料 金:当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・落研1,200円/会員2,200円
    前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・落研1,000円/会員2,000円
    □会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
    □当日券は開演1時間前から販売開始。
   ◆電話による前売り予約 (平日10:00~18:00):
    0120-240-540(カンフェティチケットセンター)
   ◆窓口販売 ユーロスペース(12:00~20:00)

    全自由席(178席)券面記載の整理番号順に入場。

【11月12日(土) 0時よりチケット販売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2016年12月30日(金)

『皆殺し映画通信』LIVE -柳下毅一郎の2016年ダメ映画総決算!

『皆殺し映画通信』LIVE -柳下毅一郎の2016年ダメ映画総決算!

柳下毅一郎の人気webサイト『皆殺し通信』がライブで登場

『シン・ゴジラ』、『きみの名は』、『この世界の片隅で』……
華やかなヒット作の裏には、誰も存在すら気にとめていないマイナー映画が存在する。日本映画界の片隅でひっそりと咲く地産地消の謎物件、人はそれを「皆殺し映画」と呼ぶ……俺様映画、地方発映画、町興し映画、誰のために作られるのかわからないそんな謎映画を第一次産業振興の精神で発掘、解剖、保存する「皆殺し映画通信」がお送りする2016年日本映画まとめ。『キネ旬』には登場しない日本映画の世界がここにある…!

WEBマガジン 皆殺し映画通信
http://www.targma.jp/yanashita/

12月30日(金)
13:30 開場
14:00 開演
  • 柳下毅一郎

    映画評論家・翻訳家
    1963年、大阪府生まれ。東京大学工学部卒。雑誌「宝島」編集者を経て英米文学翻訳家。主な訳書にR・A・ラファティ『第四の館』(国書刊行会)など。著書に『皆殺し映画通信』(カンゼン)、『新世紀読書大全』(洋泉社)など。編書に『女優林由美香』(洋泉社)など。ウェブサイト:柳下毅一郎の皆殺し映画通信 http://www.targma.jp/yanashita/ で新作邦画評を連載。

料 金

前売券=一般1,800円/ユーロスペース会員1,600円
当日券=一般2,000円/ユーロスペース会員1,800円

◆会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
◆当日券は開演1時間前より販売
◆全自由席(178席)
◆券面記載の整理番号順に入場

【12月7日(水)午前0時よりチケット販売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

TOP