ユーロライブ

文字サイズ

渋谷らくご

渋谷コントセンター

映画・音楽・文学・演劇・演芸その他

HEADLINE

2017.09.19

今後の予定

2017年9月25日(月)

「東京コントメンVol.35」 in渋谷コントセンター

ASH&Dコーポレーションが主催するコントライブ「東京コントメンVol.35」

「東京コントメン」はムロツヨシがMCを務め、ASH&D所属の若手芸人とゲスト、そしてネタ見せを通過した新人が出演する、ASH&Dコーポレーションが主催するコントライブ。

<料金>
前売2,300円(整理番号付自由席) ※未就学児入場不可
公演日:9.25(月)18:30開場 19:00開演

9月25日(月)
18:30 開場
19:00 開演
  • 出演
    (MC)ムロツヨシ/(サブMC)夙川アトム/ザ・ギース/ラブレターズ/阿佐ヶ谷姉妹/みさわ大福/新人コント芸人(4~6組)※ゲストは決まり次第発表

    主催:ASH&Dコーポレーション 協賛:渋谷コントセンター
    詳細は http://ash-d.info/

2017年9月29日(金)~9月30日(土)

テアトロコント vol.22 渋谷コントセンター月例公演

テアトロコント vol.22 渋谷コントセンター月例公演

東葛スポーツが1月ぶりの出演!9月のテアトロコントは29日(金)、30日(土)開催!

出演=(演 劇)東葛スポーツ、テニスコート(両日)
   (コント)ななまがり、卯月(29日)、マツモトクラブ、オルガナイザーGX(30日)

   ◆4ユニット交代で30分ずつ上演ののち、ポストパフォーマンストークを行います。(全ユニット出演)

★コントと演劇のボーダー
「コントは、既存のフォーマットを破壊する短い演劇であり、未来の演劇の実験場である」
─これは渋谷コントセンター綱領の第2項です。
たとえ月に数日でも毎月公演を行う“コント小屋”が、コントと演劇の観客の眼力を頼りに、新たな公演形態に挑みます。その第1ステージは、テレビではできない、観られないコントを、コント師と演劇人が競演。いつかは交流を超えて化学反応を起こし、新しいジャンルが創出されないかという野望がこの「テアトロコント」です。

9月29日(金)
19:00 開場
19:30 開演(21時45分終了予定)
9月30日(土)
13:30 開場
14:00 開演(16時15分終了予定)
  • 東葛スポーツ(両日)
    サンプリングやラップなどヒップホップからの影響を受けた作風を特徴とする演劇ユニット。いとうせいこうフェスや、吾妻橋ダンスクロッシング、シブカル祭など、これまでに多くのイベントにも参加。葛飾区金町を拠点に活動する。
  • テニスコート(両日)
    小出圭祐、神谷圭介、吉田正幸の3名で武蔵野美術大学在学中に結成される。ナンセンスコメディをベースにしたコントを展開するコントグループ。定期的にコント公演を行うほか、構成作家や、雑誌などでの連載や寄稿、イラストや文章なども手がける。
  • ななまがり(29日)
    森下直人(左)、初瀬悠太(右)によるコンビ。2014年より、活動拠点を大阪から東京に移す。強烈なキャラクターで個性的な展開のコントを繰り広げる。
  • 卯月(29日)
    林田洋平、酒井尚、木場知徳からなるプロダクション人力舎所属のトリオ。現在芸歴2年目ながら今最も注目の若手コント師。勢いのあるコントは必見!
  • マツモトクラブ(30日)
    専門学校卒業後、劇団シェイクスピア・シアターに所属し舞台俳優として活動。iPhoneを購入したことをきっかけに、録音と芝居を組み合わせた映像作品をYouTubeに発表。2011年よりお笑い芸人に転身。
  • オルガナイザーGX(30日)
    藤本進(左)四柳光崇(右)。2011年結成。単純明快なストーリーとアップテンポな掛け合いのコミカルなコンビ。ファンシーなキャラもポップで素敵!

料 金

料 金:当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・演劇・お笑い研1,200円/会員2,200円
    前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・演劇・お笑い研1,000円/会員2,000円
    □会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
    □当日券は開演1時間前から販売開始。
   ◆電話による前売り予約 (平日10:00~18:00):
    0120-240-540(カンフェティチケットセンター)
   ◆窓口販売 ユーロスペース(12:00~20:00)

【8月29日(火) 午前0時よりチケット販売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2017年9月30日(土)

トークライブ<音楽編> 湯山玲子×菊地成孔「不道徳音楽講座」

トークライブ<音楽編> 湯山玲子×菊地成孔「不道徳音楽講座」

「不道徳音楽講座」 待望の第5弾がついに開催!

著述家・ディレクターの湯山玲子と音楽家・文筆家そしてラジオパーソナリティーとしても大人気の菊地成孔のコンビニよる音楽トークセッション「不道徳音楽講座」

今回のお題は【オンナの種類】。
不思議ちゃん・ぶりっ子などの女性の性格的な面から谷ナオミ的・小池百合子的・松居一代的などの具体的な人物になぞらえてトーク! 初の土曜夜開催! 絶対に聞き逃せない感満載の二人の一夜! に乞うご期待です。

This years woman
「女の時代だなどという言葉は、戦後ずっと言われ続けていましたが、このところはますます拍車がかかり、拍車だけでなく役者も登場し、凄いことになっています。女性の社会進出に従って、ちまたの悪女や聖女、おのおののキャラが非常に色濃くなっている感がある今日この頃。「女」をテーマに、音楽において様々に描かれてきた「女」をオンエアし、「女」について語っていきます。ジェーン・バーキン問題、ワンダーウーマン、松居一代、ダイアナ妃、ホキ徳田などなど」
湯山玲子

9月30日(土)
19:30 開場
20:00 開演
  • 湯山玲子
    著述家、ディレクター。著作に『女ひとり寿司』(幻冬舍文庫)、 著書『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)『女装する女』(新潮新書)、『四十路越え!』(角川文庫)、上野千鶴子との対談集「快楽上等!  3.11以降の生き方」(幻冬舎)。『ベルばら手帖 マンガの金字塔をオトナ読み』(マガジンハウス)、『文化系女子の生き方』(大和書房)など。NHK「ごごナマ」(木曜)、日本テレビ「スッキリ!!(火曜)にレギュラー出演中。日本大学藝術学部文芸学科非常勤講師。
  • 菊地成孔
    1963年生まれの音楽家/文筆家/大学講師。音楽家としてはソングライティング/アレンジ/バンドリーダー/プロデュースをこなすサキソフォン奏者/シンガー/キーボーディスト/ラッパーであり、文筆家としてはエッセイストであり、音楽批評、映画批評、モード批評、格闘技批評を執筆。ラジオパースナリティやDJ、テレビ番組等々の出演も多数。2013年、個人事務所株式会社ビュロー菊地を設立。

料 金

当日券:一般3,000円/学生2,200円/高校生1,400/ユーロスペース会員2,700円
前売券:一般2,800円/学生2,000円/高校生1200円/ユーロスペース会員2,500円

◆会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
◆当日券は開演1時間前より販売
◆全自由席(178席)
◆券面記載の整理番号順に入場

電話による前売り予約 (平日10:00~18:00):0120-240-540(カンフェティチケットセンター)
窓口販売 ユーロスペース(12:00~20:00)

【8月10日(木) 午前0時よりチケット販売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2017年10月13日(金)~10月17日(火)

『渋谷らくご』(定期落語会 シブラク) サンキュータツオ・キュレーション

今月の見どころ

「渋谷らくご」とは……

<初心者が、いつ来ても楽しめる落語会>
として設計されています。毎月第二金曜から5日間連続10公演。どの回にいらしても満足していただけるような演者さんと番組をご用意して、皆様のご来場をお待ちしております。

もちろん、初心者にも伝わるということは、落語通も唸るもの。「ホンモノ」の演者をサンキュータツオが厳選し、なんの予備知識がなくても楽しめる、新しいタイプの落語会です。勉強してこないでください。真面目に聴かなくても楽しめます。

▼どの回も見どころたっぷり、30分一本勝負!
今が旬!才気あふれる二つ目から、一級品の腕を持つ真打まで、どの演者さんも持ち時間は平等に30分!個性豊かな4人の演者さんは、同世代から、人生の先輩まで。必ずお気に入りの演者さんに出会えるはずです。10月は柳亭小痴楽、春風亭昇々といった、今をときめく二つ目がトリの経験をつむ回から、柳家小せん、橘家文蔵、橘家圓太郎、隅田川馬石、といった安定感抜群の師匠方のトリを楽しむ。
どの回に来ていただいても、魅力的な若手、真打がみなさんをお迎えます。

▼とっつきやすい「創作らくご」から、つまみ食いの「ふたりらくご」まで
17日(火)20時からは「創作らくごのネタおろし」の会。現代を軸にしたオリジナルの噺なので、初めての方でも抵抗なく入れます。落語が生まれる瞬間のドキドキを演者さんと共に体験しませんか?
帰宅前やお仕事帰りにひと笑いしたい方には、平日18時からの「ふたりらくご」上質な落語をさらっと1時間で観れる贅沢な会です。

10月13日(金)
18:00-19:00  「ふたりらくご」 台所おさん 神田松之丞**
20:00-22:00  「渋谷らくご」 林家たこ平 三遊亭粋歌 桂春蝶 柳亭小痴楽
10月14日(土)
14:00-16:00  「渋谷らくご」 三遊亭鳳笑 雷門小助六 雷門音助 柳家小せん
17:00-19:00  「渋谷らくご」 柳亭市童 立川吉笑 玉川奈々福* 橘家文蔵
10月15日(日)
14:00-16:00  「渋谷らくご」 柳家緑太 立川志ら乃 柳家小八 春風亭昇々
17:00-19:00  「渋谷らくご」 瀧川鯉斗 玉川太福* 柳家わさび 橘家圓太郎
10月16日(月)
18:00-19:00  「ふたりらくご」 入船亭扇里 立川こしら
20:00-22:00  「渋谷らくご」 瀧川鯉津 春風亭柳朝 立川左談次 隅田川馬石
10月17日(火)
18:00-19:00  「ふたりらくご」 林家きく麿 春風亭百栄
20:00-22:00  「しゃべっちゃいなよ」 立川志の太郎 三遊亭わん丈 神田京子** 瀧川鯉八 林家彦いち
*浪曲 **講談 
開場=開演30分前 
出演者は予告なく変わることがあります。

料 金

料 金
「渋谷らくご」「しゃべっちゃいなよ」
当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・落研1,200円/会員2,200円
前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・落研1,000円/会員2,000円
5枚回数券(6か月間有効/窓口でのみ販売)大人10,000円/学生7,500円/会員9,000円

「ふたりらくご」
当日券=大人1,200円/学生900円/高校生・落研600円/会員1,100円
前売券=大人1,000円/学生700円/高校生・落研400円/会員900円

◇会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
◇当日券は開演1時間前より販売
◇全自由席(178席)◇券面記載の整理番号順に入場

◆電話による前売り予約 (平日10:00~18:00):0120-240-540(カンフェティチケットセンター)

【9月8日午前0時よりWEB前売り発売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2017年10月18日(水)

渋谷らくご特別興行 「桂春蝶上映上演の会」

桂春蝶、という落語家がいる。

上方落語四天王とうたわれた三代目桂春團治の弟子にして、二代目桂春蝶の実子。
早世した父の通夜の席で、おなじ職業「落語家」を選んだ男がいる。

三代目 桂春蝶。
大阪と東京を往復する目まぐるしい日々を送る70年代生まれのこの男は、縦横無尽のマクラから落語本編の構成に至るまで、一度解体して再構築するという「破壊者」でもある。爆笑させることも、考えさせることも、泣かせることも、この落語家にとってはおなじく楽しい作業かもしれない。聴衆の心を動かす名手でありながら、独自の取材に基づく創作らくごも手掛け、伝統芸能の伝承者ではなく、現代人としてなにかをメッセージし、表現することに長けた才能。
まことに稀有な存在でありながら、大阪、東京双方でもっと評価されていい落語家さんだと思います。

この公演は、かねてからの春蝶師匠の想いをうけ、このほど関西テレビで放送された春蝶師匠のドキュメントを上映、桂春蝶という人物の抱える問題意識、落語に対する想い、偉大なる父と、そして落語とどう向き合っているかなど、肌感覚でわかるように、上映と落語をセットで体験していただく公演です。

なかなか全体像をつかみにくい存在かもしれませんが、日本をまたにかけて活躍する男の輪郭をつかむ意味で、とても意義深い公演だと思いますので、ぜひ足を運んでいただければ幸いです。

(渋谷らくごキュレーター サンキュータツオ)

▼上演演目
「ニライカナイで逢いましょう〜ひめゆり学徒隊秘抄録〜」
▼上演作品
ニライカナイで逢いましょう制作ドキュメンタリー(関西テレビ制作「あの日の父に届いたら」)
▼トーク:桂春蝶×サンキュータツオ
10月18日(水)
19:00 開場
19:30 開演
  • 桂春蝶
    かつら しゅんちょう

    1975年、大阪府に生まれる。父は二代目桂春蝶。
    1993年、父、二代目桂春蝶、没。通夜の席で落語家になることを志す。
    1994年4月、父の師でもある三代目桂春團治に入門。高座名、桂春菜。
    2009年、桂春蝶を襲名、三代目となる。
    2011年、東京に移住、大阪と東京を行き来する活動に。
    2017年2月、関西テレビ制作 ザ・ドキュメント 「あの日の父に届いたら 落語 三代目の熱情―」放送

    近年「桂春蝶の落語で伝えたい想い。」をシリーズ化
    「明日ある君へ~知覧特攻物語~」
    「約束の海~エルトゥールル号物語」
    「手紙~親愛なる子供たちへ~」
    「ニライカナイで逢いましょう~ひめゆり学徒隊秘抄録~」
    「茶粥屋綺譚」
    など。本公演は、ドキュメント制作中に制作した「ニライカナイで逢いましょう」を上演する。

料 金

料 金

当日券=大人3,000円/学生2,400円/高校生・落研1,700円/会員2,700円
前売券=大人2,700円/学生2,100円/高校生・落研1,400円/会員2,400円
★当日、シブラクの半券提示で200円キャッシュバック★

◇会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
◇当日券は開演1時間前より販売
◇全自由席(178席)◇券面記載の整理番号順に入場

◆電話による前売り予約 (平日10:00~18:00):0120-240-540(カンフェティチケットセンター)

【9月8日正午12時よりWEB前売り発売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2017年10月27日(金)~10月28日(土)

テアトロコント vol.23 渋谷コントセンター月例公演

努力クラブ、市民プール、ともに初登場!10月のテアトロコントも必見です!

出演=(演 劇)努力クラブ、市民プール(両日)
   (コント)決まり次第発表します。

   ◆4ユニット交代で30分ずつ上演ののち、ポストパフォーマンストークを行います。(全ユニット出演)

★コントと演劇のボーダー
「コントは、既存のフォーマットを破壊する短い演劇であり、未来の演劇の実験場である」
─これは渋谷コントセンター綱領の第2項です。
たとえ月に数日でも毎月公演を行う“コント小屋”が、コントと演劇の観客の眼力を頼りに、新たな公演形態に挑みます。その第1ステージは、テレビではできない、観られないコントを、コント師と演劇人が競演。いつかは交流を超えて化学反応を起こし、新しいジャンルが創出されないかという野望がこの「テアトロコント」です。

10月27日(金)
19:00 開場
19:30 開演(21時45分終了予定)
10月28日(土)
13:30 開場
14:00 開演(16時15分終了予定)
  • 努力クラブ(両日)
    2011年結成。以降、京都を中心に活動する。できることなら人目に触れさせたくないものをわざわざ持ち出してきて、それを中心に据えて、なるべく笑えるように芝居を作る。同じテイストのコントもする、京都で。
  • 市民プール(両日)
    映画監督・今泉力哉のコントを上演するための団体。「温度の低い恋愛模様」と「考えすぎてしまう人々」についてのお笑いを描く予定。今回のテアトロコントが旗揚げ公演的なものになる。名前の由来は調布にあるバス停から。

2017年11月2日(木)~11月3日(金)

お笑い×演劇ユニット 弱い人たち 第3回コント公演『しあわせになりたい』

お笑い×演劇ユニット 弱い人たち 第3回コント公演『しあわせになりたい』

テアトロコントspecial 第3回コント公演『しあわせになりたい』

「カツアゲを6回されたことがある」ラブレターズ・塚本、「バスケ部3軍補欠だった」ポテンシャル聡、「遠足で犬にお弁当を食べられた」ゾフィー・上田。この3人の芸人と、演劇界から「修学旅行で風邪引いてずっと寝てた」玉田企画・玉田。4人の『弱い人たち』が送るコント公演。4人が共同でコントを作成し、公演ごとに客演をまねき、芸人と俳優との混合コントで注目をあつめる。2015年11月に第1回公演『強くなりたい』、2016年12月に第2回公演『もっと強くなりたい』を開催。

ゲスト出演者は決まり次第発表。

11月2日(木)
19:00 開場
19:30 開演
11月3日(金・祝)
13:30 開場
14:00 開演
11月3日(金・祝)
18:30 開場
19:00 開演
  • 企画・出演:上田航平(ゾフィー)
    2014年結成。上田航平とサイトウナオキによるお笑いコンビ。2014年結成。事務所無所属でありながら、4年連続でキングオブコント準決勝に進出。過去3度、ユーロライブで単独ライブを開催。異常な熱量で、ゆがんだ正義を主張するコントが特徴。
  • 企画・出演:塚本直毅(ラブレターズ)
    日本大学芸術学部で知り合った溜口佑太朗と2009年4月にラブレターズを結成、ネタ作成を担当。キングオブコントでは過去3度、決勝進出。オールナイトニッポンのパーソナリティをつとめ、2017年にはバンドとの対バンライブや、お寺でのライブなど活動の範囲は多彩。12月末に単独ライブを開催するなど、精力的に活動。
  • 企画・出演:ポテンシャル聡
    過去にピテカントロプス、ハイパーポテンシャルズとしてコンビで活動後、2017年9月より、作家としても活動開始。2017年6月には元・巨匠の岡野陽一とともに作・演出を行う、劇団ハッピーヒューマン第4回公演『布』をユーロライブで開催。
  • 企画・出演:玉田真也(玉田企画)
    青年団演出部に所属。玉田企画では、日常の中にある、「変な空気」を精緻でリアルな口語体で再現し、俯瞰した目線で笑いを生む。テアトロコントにも過去4度出演。映画への出演など、俳優としても活動中。

2017年11月16日(木)~11月19日(日)

テニスコートのコント「水をたくさん飲んできたので結構」

テニスコートのコント「水をたくさん飲んできたので結構」

テアトロコントspecial テニスコートのコント「水をたくさん飲んできたので結構」

東北のとある集落では、女の両親に結婚の許しを得るため挨拶をしに行った男は、用意された食事を一切口にせず断るという風習がある。これは、かつてその土地の大名家を訪れた武士が「水をたくさん飲んできたので結構」と言い続け、用意されたご馳走を一切口にしなかったという逸話に起因している。この質素で我慢強い武士の姿に、大名はいたく感心し娘を嫁に出したのだと語り継がれている。
以来「水をたくさん飲んできたので結構」は「娘さんを嫁に下さい」を暗に示す言葉としてその土地に根付いた。
一方、どうしても娘を嫁にやりたくない親は食事を断らせぬよう懸命になった。目の眩むようなご馳走を用意したり、それでも口にしないような者は羽交い締めにして無理やり口にねじ込むようなことさえあった。また、ご馳走にありつきたいがために裕福な家の娘に求婚し、ただ飯ただ酒にありつこうとする詐欺まがいな輩も現れたというのだから手に負えない。という嘘を思いつきました。最後まで読んでくれてありがとうございます。この村は全て幻です。

作・演出・出演:テニスコート

ゲスト出演:山口智子、今田健太郎、西山真来

宣伝美術:牧寿次郎
宣伝写真:赤羽佑樹
11月16日(木)
19:00 開場
19:30 開演
11月17日(金)
19:00 開場
19:30 開演
11月18日(土)
13:30 開場
14:00 開演
11月18日(土)
18:00 開場
18:30 開演
11月19日(日)
13:30 開場
14:00 開演
  • テニスコート
    神谷圭介、小出圭祐、吉田正幸の 3 名で構成されたコントグループ。 公演でコントを発表する他、書籍・雑誌などでイラストや文章の仕事もする。 2016年よりNHK Eテレ「シャキーン」に構成作家として参加。
  • ゲスト出演:今田健太郎
    鹿児島県出身。トリコロールケーキ所属。筑波大学卒業後にコントユニット・アルルルを旗揚げ、後に休止。2010年よりトリコロールケーキの作品に参加し、2016年加入。トリコロールケーキではほとんどすべての公演において作・演出・出演・音楽を担当している。
    2012年上演の『見テ、ニューボール』以降、テニスコートのすべての本公演に参加。出演だけでなく、毎回コント脚本の提供もおこなっている。
  • ゲスト出演:山口智子
    東京都出身。東京乾電池所属。武蔵野美術大学在学中に、テニスコートの第一回公演『2、3歩ほど歩いて突然吐きました』(03)に出演。以降、すべての本公演に出演している。
  • ゲスト出演:西山真来
    京都府出身。神戸大学在学中に演劇ユニット「象、鯨。」を主宰し、作演出・俳優として演劇作品を発表。関西でフリーの俳優として活動後、2011年元旦に上京。2017年に平田オリザ主宰の青年団に入団。マレビトの会、鳥公園、わっしょいハウスなどの演劇に出演。主な映画出演作に『へばの』(木村文洋監督、2008)、『Omokage~面影』(万田邦敏監督、2011)、『乃梨子の場合』(坂本礼監督、2015)、『夏の娘たち ひめごと』(堀禎一監督、2017)などがある。
    テニスコートの公演への参加は今回が初めてとなる。

料 金

料 金:当日券=大人3,300円/会員3,000円/学生2,800円
    前売券=大人3,000円/会員2,800円/学生2,500円
    □会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
    □当日券は開演1時間前から販売開始。
    □学生券、会員券はそれぞれ要学生証、要ユーロスペース会員証
   ◆電話による前売り予約 (平日10:00~18:00):
    0120-240-540(カンフェティチケットセンター)
   ◆窓口販売 ユーロスペース(12:00~20:00)

【9月30日(土) 10時よりチケット販売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

TOP