ユーロライブ

文字サイズ

専用HP

専用HP

HEADLINE

2018.08.16

EVENTS(主催・協力企画)

2018年8月18日(土)~8月19日(日)

渋谷でヤル会フェス中編・後編

落語家立川志ら乃が渋谷で「落語」をヤル会。
5月に開催された前編につづき、中編・後編が開催決定!

8月18日(土)
開場 12:30 開演 13:00 終演予定 15:00
開場 16:00 開演 16:30 終演予定 18:30
トーク 開場 19:15 開演 19:30 終演予定 20:30
8月19日(日)
開場 12:30 開演 13:00 終演予定 15:00
開場 16:00 開演 16:30 終演予定 18:30
トーク 開場 19:15 開演 19:30 終演予定 20:30

出演者

【18日~中編~】
昼:立川志ら乃/のゝ乃家ぺぺぺぇ(山口勝平)/玉川太福/福島桂子(賢プロダクション)/天野心愛(スペースクラフトエンタテインメント)/五十嵐雅(アクロスエンタテインメント)/帆世雄一(アクロスエンタテインメント)/阿座上洋平(青二プロダクション)
夜:立川志ら乃/のゝ乃家ぺぺぺぇ(山口勝平)/土屋礼央(RAG FAIR)/福島桂子(賢プロダクション)/五十嵐雅(アクロスエンタテインメント)/帆世雄一(アクロスエンタテインメント)

【19日~後編~】
昼:立川志ら乃/のゝ乃家ぺぺぺぇ(山口勝平)/汐谷文康/天野心愛
夜:立川志ら乃/のゝ乃家ぺぺぺぇ(山口勝平)/汐谷文康/玉川太福

【トーク編】
18日:立川志ら乃/のゝ乃家ぺぺぺぇ(山口勝平)/土屋礼央(RAG FAIR)/福島桂子(賢プロダクション) ほか
19日:立川志ら乃/のゝ乃家ぺぺぺぇ(山口勝平)/汐谷文康/玉川太福

料 金

【中編・後編】
前売券=一般3,000円
当日券=一般3,500円
【トーク編】
当日券のみ=1,000円 ★フェスの半券持参で500円

◆全自由席(178席)
◆券面記載の整理番号順に入場
◆電話予約(平日10:00~18:00)0120-240-540(カンフェティチケットセンター)

【6月28日(木)午前0時よりチケット販売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2018年8月24日(金)~8月25日(土)

テアトロコント vol.29 渋谷コントセンター月例公演

テアトロコント vol.29 渋谷コントセンター月例公演

Specialユニット『加藤啓×槙尾ユウスケ』が登場!8月のテアトロコントは24日(金)、25日(土)開催!

出演=(演 劇)テニスコート、加藤啓×槙尾ユウスケ(両日)
   (コント)ラブレターズ、トンツカタン(24日)、吉住、ペコリーノ(25日)

   ◆4ユニット交代で30分ずつ上演ののち、ポストパフォーマンストークを行います。(全ユニット出演)

★コントと演劇のボーダー
「コントは、既存のフォーマットを破壊する短い演劇であり、未来の演劇の実験場である」
─これは渋谷コントセンター綱領の第2項です。
たとえ月に数日でも毎月公演を行う“コント小屋”が、コントと演劇の観客の眼力を頼りに、新たな公演形態に挑みます。その第1ステージは、テレビではできない、観られないコントを、コント師と演劇人が競演。いつかは交流を超えて化学反応を起こし、新しいジャンルが創出されないかという野望がこの「テアトロコント」です。

8月24日(金)
19:00 開場
19:30 開演(21時45分終了予定)
8月25日(土)
13:30 開場
14:00 開演(16時15分終了予定)
  • テニスコート(両日)
    小出圭祐、神谷圭介、吉田正幸の3名で武蔵野美術大学在学中に結成される。ナンセンスコメディをベースにしたコントを展開するコントグループ。定期的にコント公演を行うほか、構成作家や、雑誌などでの連載や寄稿、イラストや文章なども手がける。
  • 加藤啓×槙尾ユウスケ(両日)
    拙者ムニエル・加藤啓と、かもめんたる・槙尾ユウスケによる、スペシャルユニット。今回のテアトロコントのために、二日間限りの特別結成!作・演出には、ナカゴー/ほりぶんの鎌田順也をむかえ、描き下ろしの演目を上演。
  • ラブレターズ(24日)
    塚本直毅と溜口佑太朗によるコンビ。日本大学芸術学部で知り合い、2009年結成。力強い演技と多彩なコントで観客を魅了する。
  • トンツカタン(24日)
    櫻田のキャラ、存在感、菅原のユニークさ、森本のツッコミと頭のキレを最大限に活かしたトリオならではのフォーメーションで笑いをとる。
  • 吉住(25日)
    丁寧な演技と構成の一人コントで一癖も二癖もある人物を演じ、観客の心を鷲掴みにする注目の若手ピン芸人!
  • ペコリーノ(25日)
    クロコダイルミユ(左)と植木おでん(右)。男女コンビであることを活かしてリアルな人間関係をあぶり出すコントで注目を集める期待の若手!

料 金

料 金:当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・演劇・お笑い研1,200円/会員2,200円
    前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・演劇・お笑い研1,000円/会員2,000円
    □会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
    □当日券は開演1時間前から販売開始。
   ◆電話による前売り予約 (平日10:00~18:00):
    0120-240-540(カンフェティチケットセンター)

【7月30日(月) 午前0時よりチケット販売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2018年9月14日(金)~9月18日(火)

『渋谷らくご』(定期落語会 シブラク) サンキュータツオ・キュレーション

今月の見どころ

「渋谷らくご」とは……

<初心者が、いつ来ても楽しめる落語会>
として設計されています。毎月第二金曜から5日間連続10公演。どの回にいらしても満足していただけるような演者さんと番組をご用意して、皆様のご来場をお待ちしております。

落語家さんの名前を読めなくても、演目を知らなくても大丈夫! それがスタートとしては当たり前です。「ホンモノ」の演者をサンキュータツオが厳選し、なんの予備知識がなくても楽しめる、新しいタイプの落語会です。勉強してこないでください。真面目に聴かなくても楽しめます。

▼二つ目が、毎日トリをとる!
才気あふれる二つ目から、一級品の腕を持つ真打まで、どの演者も持ち時間は平等に30分。神田松之丞、立川笑二、春風亭昇々、瀧川鯉八、三遊亭粋歌、立川寸志、といった注目の二つ目が、毎日トリをとる9月公演。間に入る実力派真打にも引けを取らない存在感に大注目です!他では見られないラインナップで、初めての方もそうでない方も、新しい体験ができること間違いなし。どの会に来て頂いても、魅力的な若手、真打がみなさんをお迎えします。

▼ふらっと、気軽に、平日18時公演
平日の18時~19時はコンパクトでリーズナブルな、気軽に楽しめる1時間公演。2名の演者さんをゆったり楽しめます。14日(金)小はぜ×馬石のどっぷり古典回と、18日(火)吉笑×鯉八の超現代的創作回という、対照的な2公演。1時間があっという間に感じられる、濃密なトリップにお誘いします。

9月14日(金)
18:00-19:00  「ふたりらくご」 柳家小はぜ 隅田川馬石
20:00-22:00  「渋谷らくご」 三笑亭夢丸 桂春蝶 柳亭市童 神田松之丞**
9月15日(土)
14:00-16:00  「渋谷らくご」 三遊亭鯛好 柳家小八 柳亭小痴楽 立川笑二
17:00-19:00  「渋谷らくご」 立川こしら 林家彦いち 雷門小助六 春風亭昇々
20:00-21:00  「月刊 太福マガジン」 玉川太福* ほか
9月16日(日)
14:00-16:00  「渋谷らくご」 台所おさん 春風亭昇市 入船亭扇辰 瀧川鯉八
17:00-19:00  「渋谷らくご」 春風亭昇羊 柳家小もん 橘家文蔵 三遊亭粋歌
9月17日(月・祝)
14:00-16:00  「渋谷らくご」 桂三四郎 橘家圓太郎 玉川太福* 古今亭志ん五
17:00-19:00  「渋谷らくご」 入船亭扇里 柳家わさび 隅田川馬石 立川寸志
9月18日(火)
18:00-19:00  「ふたりらくご」 立川吉笑 瀧川鯉八
20:00-22:00  「渋谷らくご」 立川談吉 玉川奈々福* 春風亭百栄 古今亭文菊
*浪曲 **講談 ***漫才 
開場=開演30分前 
出演者は予告なく変わることがあります。

料 金

料 金
「渋谷らくご」
当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・落研1,200円/会員2,200円
前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・落研1,000円/会員2,000円
5枚回数券(6か月間有効/窓口でのみ販売)大人10,000円/学生7,500円/会員9,000円

「ふたりらくご」
当日券=大人1,200円/学生900円/高校生・落研600円/会員1,100円
前売券=大人1,000円/学生700円/高校生・落研400円/会員900円

「月刊 太福マガジン」
前売券・当日券=1,000円 ★窓口販売のみ

◇会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
◇当日券は開演1時間前より販売
◇全自由席(178席)◇券面記載の整理番号順に入場

◆電話による前売り予約 (平日10:00~18:00):0120-240-540(カンフェティチケットセンター)

【8月10日午前0時よりWEB前売り発売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2018年9月21日(金)

WOWOW 「町山智浩の映画塾!」 

WOWOW 「町山智浩の映画塾!」 

この秋開催の映画塾!では『ロッキー』、『いまを生きる』を町山智浩が解説します。(※作品が追加になる場合には、順次掲載します)

9月21日(金)「町山智浩の映画塾!」
18:30 開場
19:00 開演
■取り上げる作品
  • 『ロッキー』
    愛のため15ラウンドを戦いぬく!無名のボクサー、ロッキーが不屈の闘志でリングに立ち続ける姿を描き、アカデミー作品賞など3部門に輝いた名作。
    当時無名俳優だったシルベスター・スタローンが、ロッキー同様アメリカンドリームを体現してスターとなった出世作。モハメド・アリと無名ボクサーが対戦した実話にヒントを得て、スタローンがわずか3日で脚本を書き上げたというエピソードは今や伝説となっている。アカデミー賞3部門受賞の栄誉と圧倒的な人気を得てシリーズ化され、計6作の大河ドラマとなった。ビル・コンティのテーマ曲とともに、何度観てもファイトが湧き出す永遠の名作だ。
    監督:ジョン・G・アビルドセン
    脚本:シルベスター・スタローン
    キャスト:シルベスター・スタローン、バージェス・メレディス、ジョー・スピネル、タリア・シャイア、バート・ヤングほか
    ©1976 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.. All Rights Reserved
    WOWOWにて10月放送予定
  • 『いまを生きる』
    2014年8月11日、63歳で逝去したハリウッドスター、ロビン・ウィリアムズの代表作の1本。ウィリアムズは全寮制学校の男子生徒たちを導く型破りな教師の役を好演した。
    ピーター・ウィアー監督の詩情豊かな演出も印象的な、感動の青春ドラマ。原題は“死せる詩人の会”(Dead Poets Society)といい、ウィリアムズ演じる教師がかつて属した会と、それに触発された生徒たちが立ち上げる会のこと。四季の移ろいと生徒たちの揺れ動く気持ちが鮮明にシンクロする中、いつものようにユーモラスでありながら要所要所で折り目正しく演じきったウィリアムズに加え、イーサン・ホークら当時の若手俳優陣も好演。クライマックスは圧倒の名場面で、アカデミー賞ではウィリアムズが主演男優賞にノミネートされたほか、脚本賞に輝いた。
    監督:ピーター・ウィアー
    脚本:トム・シュルマン
    キャスト:ロビン・ウィリアムズ、ロバート・ショーン・レナード、イーサン・ホーク、ジョシュ・チャールズ、ゲイル・ハンセンほか
    ©Touchstone Pictures. All rights reserved.
    WOWOWにて今秋放送予定
  • 町山智浩
    映画評論家。1962年東京都生まれ。早稲田大学卒業後宝島社に入社。雑誌『宝島』、『別冊宝島』ムック『おたくの本』『裸の自衛隊』『いまどきの神サマ』などの編集に携わる。その後洋泉社に転じ編集長として雑誌『映画秘宝』創刊、97年に退社後渡米。『映画の見方がわかる本』『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』『キャプテン・アメリカはなぜ死んだか』ほか著書多数。ガース柳下、ウェイン町山として翻訳家・映画評論家の柳下毅一郎とファビュラス・バーカー・ボーイズを結成し映画ファンに絶大な人気を誇る。最新刊は、『トランプがローリングストーンズでやってきた』(文藝春秋社刊)、『最も危険なアメリカ映画』(集英社インターナショナル刊)。現在、アメリカバークレイから様々なメディアを通じて映画評論を行っている。

料 金

(当日券・前売券ともに)
当日券=一般2,500円/学生1,900円/高校生1,000円/ユーロスペース会員2,200円
◆会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員 
◆当日券は開演1時間前より販売
◆全自由席(178席)
◆券面記載の整理番号順に入場

【8月17日(金) 0時よりチケット販売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2018年9月25日(火)

『町山智浩の映画サーチライト』

 『町山智浩の映画サーチライト』

町山智浩の映画サーチライト第7弾!

1994年の設立以来、名作・話題作を送り続けるFOXサーチライト作品を映画評論家・町山智浩が本編上映を交えつつ徹底解説するシリーズです。

第7弾となる今回は、日本未公開のFOXサーチライト・ピクチャーズ作品『グッバイ・クリストファー・ロビン』をDVD発売前にいち早く上映し、徹底解説します。世界中で翻訳されている児童書「くまのプーさん」の誕生秘話を描いたドラマです。

9月25日(火)
18:30 開場
19:00 開映

  • グッバイ・クリストファー・ロビン
    監督:サイモン・カーティス
    出演:ドーナル・グリーソン、マーゴット・ロビー、ケリー・マクドナルドほか
    ストーリー:作家のアランは第1次世界大戦から帰還するも、トラウマから無為な生活を送っていた。そんな中、妻のダフネが男の子を授かり、クリストファー・ロビンと名付けられる。妻と乳母が去った中、とまどいながらクリストファー・ロビンと2人での田舎暮らしをするアランは、息子との日々から新作「くまのプーさん」の着想を得る。「くまのプーさん」の世界的な名声が家族の生活を一変させるが、それは同時に新たな苦悩の始まりになってしまう。
    2017/イギリス/107分
  • 町山智浩
    映画評論家。1962年東京都生まれ。早稲田大学卒業後宝島社に入社。雑誌『宝島』、『別冊宝島』ムック『おたくの本』『裸の自衛隊』『いまどきの神サマ』などの編集に携わる。その後洋泉社に転じ編集長として雑誌『映画秘宝』創刊、97年に退社後渡米。『映画の見方がわかる本』『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』『キャプテン・アメリカはなぜ死んだか』ほか著書多数。ガース柳下、ウェイン町山として翻訳家・映画評論家の柳下毅一郎とファビュラス・バーカー・ボーイズを結成し映画ファンに絶大な人気を誇る。最新刊は、『トランプがローリングストーンズでやってきた』(文藝春秋社刊)、『最も危険なアメリカ映画』(集英社インターナショナル刊)。現在、アメリカバークレイから様々なメディアを通じて映画評論を行っている。

料 金

(当日券・前売券ともに)
当日券=一般2,500円/学生1,900円/高校生1,000円/ユーロスペース会員2,200円
◆会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員 
◆当日券は開演1時間前より販売
◆全自由席(178席)
◆券面記載の整理番号順に入場

【8月3日(金) 午前0時よりチケット販売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2018年10月18日(木)

「せめぎ合いの秋~栗でも食べながら~」

「せめぎ合いの秋~栗でも食べながら~」

グレープカンパニー主催「せめぎ合いの秋~栗でも食べながら~」カミナリ・あがすけツーマンライブ開催!

「カミナリ」と「あがすけ」
茨城 VS 山形の代理戦争!
新ネタ3本とめったに見れない企画で「せめぎ合い」
仲は良いけど本気で決着つけます!

出演者:カミナリ、あがすけ

料金:前売 2500円/当日 3000円

チケット発売開始日 8月4日(土) 11時より発売
チケット購入はこちらから→https://tiget.net/events/33413

公演詳細はこちら

主催:株式会社グレープカンパニー
10月18日(木)
19:00 開場
19:30 開演

TOP