ユーロライブ

文字サイズ

渋谷らくご

渋谷コントセンター

映画・音楽・文学・演劇・演芸その他

HEADLINE

2018.02.08

今後の予定

2018年2月23日(金)~2月24日(土)

テアトロコント vol.25 渋谷コントセンター月例公演

テアトロコント vol.25 渋谷コントセンター月例公演

城山羊の会が初進出!わっしょいハウスは2回目の登場、2018年2月テアトロコント!

【追加公演決定!】
2018年2月24日(土)18:00開演
出演:城山羊の会、わっしょいハウス、ラブレターズ、やさしいズ
チケット発売:本日2月13日(火)16時より
※24日(土)18:00回のアフタートークは、城山羊の会、わっしょいハウス、ラブレターズのみ出演します。

=============
出演=(演 劇)城山羊の会、わっしょいハウス(両日)
   (コント)犬の心、ラバーガール(23日)、ラブレターズ、やさしいズ(24日)

   ◆4ユニット交代で30分ずつ上演ののち、ポストパフォーマンストークを行います。(全ユニット出演)

★コントと演劇のボーダー
「コントは、既存のフォーマットを破壊する短い演劇であり、未来の演劇の実験場である」
─これは渋谷コントセンター綱領の第2項です。
たとえ月に数日でも毎月公演を行う“コント小屋”が、コントと演劇の観客の眼力を頼りに、新たな公演形態に挑みます。その第1ステージは、テレビではできない、観られないコントを、コント師と演劇人が競演。いつかは交流を超えて化学反応を起こし、新しいジャンルが創出されないかという野望がこの「テアトロコント」です。
2月23日(金)
19:00 開場
19:30 開演(21時45分終了予定)
2月24日(土)
13:30 開場
14:00 開演(16時15分終了予定)
2月24日(土)
17:00 開場
18:00 開演(20時15分終了予定)
  • 城山羊の会(両日出演)
    山内ケンジが演劇作品を発表するユニット。今年で14年目くらいになる。テアトロコント初進出。今回は常連の岡部たかし、岩谷健司に加えて、城山羊の会には久しぶりの本村壮平、永井若葉が結集。ふじきみつ彦も作品で参加するかもしれない。
  • わっしょいハウス(両日出演)
    劇作家・演出家の犬飼勝哉、俳優の浅井浩介により2007年京都にて活動開始。東京に拠点を移した2010年以降ハイペースで演劇作品を発表する。「語り/騙り」の演劇によって何もない舞台空間に物語を立ちあげる。
  • 犬の心(23日出演)
    押見泰憲(左)いけや賢二(右)。1998年にコンビ結成。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。高い演技力と独特の視点から繰り出されるコントが彼らの持ち味。
  • ラバーガール(23日出演)
    飛永翼、大水洋介による、プロダクション人力舎所属のお笑いコンビ。2001年8月にデビュー。ボケ・ツッコミ共に抑揚や緩急が少なく、淡々と進めていくのが特徴。2018年4月9~11日座・高円寺2にて単独ライブ「シャンシャン」を開催予定。
  • ラブレターズ(24日出演)
    塚本直毅と溜口佑太朗によるASH&Dコーポレーション所属のコンビ。日本大学芸術学部で知り合い、2009年結成。力強い演技と多彩なコントで観客を魅了する。
  • やさしいズ(24日出演)
    佐伯元輝(左)、タイ(右)によるコンビ。2011年結成、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。巧みな展開や演技力、リアリティあるキャラクターで観客を引き込むコントを得意とする。

料 金

料 金:当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・演劇・お笑い研1,200円/会員2,200円
    前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・演劇・お笑い研1,000円/会員2,000円
    □会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
    □当日券は開演1時間前から販売開始。
   ◆電話による前売り予約 (平日10:00~18:00):
    0120-240-540(カンフェティチケットセンター)
   ◆窓口販売 ユーロスペース(12:00~20:00)

チケット発売日は決まり次第発表いたします。

【1月20日(土) 午前0時よりチケット販売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2018年3月6日(火)

WOWOW 「町山智浩の映画塾!」 

WOWOW 「町山智浩の映画塾!」 

日本時間3月5日(月)に発表される第90回アカデミー賞。
この時期に来日する町山智浩が、昨年度のアカデミー賞で話題となった作品他、全3本を語る。

「2017年度アカデミー賞で監督賞、主演女優賞ほかに輝いた『ラ・ラ・ランド』と、
作品賞に輝いた『ムーンライト』について、皆さんとディスカッションします。
『ラ・ラ・ランド』はデミアン・チャゼルの監督デビュー作『ガイ&マデライン・オ
ン・パーク・ベンチ』や、参考にした映画『ニューヨーク、ニューヨーク』とも比較
していきます。『ムーンライト』は原作者タレル・アルヴィン・マクレイニーの個人
的な体験がいかに映画に反映しているか、また、実現しなかった夢がいかに映像化さ
れているかを語り合いたいと思います。」
町山智浩

3月6日(火)「町山智浩の映画塾!」
18:30 開場
19:00 開演
■取り上げる作品
  • ラ・ラ・ランド (2017)
    『セッション』も好評だったD・チャゼル監督がアカデミー賞史上最年少(32歳)で監督賞を受賞したことに加え、第89回アカデミー賞の授賞式で作品賞は本作が受賞と一度は発表されるも実は『ムーンライト』が本当の受賞作だったと訂正された騒動も含め、数々の話題を残した一本。監督にとって、本作を実現するためにまず『セッション』を手掛けたというほどに入魂の企画の映画化。L.A.のフリーウェイでロケを行った長回し撮影のミュージカル場面の冒頭から気合は破格であり、アカデミー賞6部門受賞も納得の魅力的な感動作。
    監督・脚本:デミアン・チャゼル
    出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ソノヤ・ミズノ、J・Kシモンズほか
    ©2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.
  • ムーンライト (2016)
    第89回アカデミー賞で作品賞をはじめ3部門を受賞。貧困地区で育った孤独な黒人少年が、高校生、そして大人へと成長していく姿を繊細に綴り、絶賛を博した感動作。マイアミの貧困地区で生まれ育った黒人少年のシャロン。内気な彼は、学校では“チビ”と呼ばれていじめられ、家庭でも、麻薬常習のシングルマザー、ポーラから育児放棄されて孤独な日々を送っていた。そんな彼を見るに見かねた麻薬ディーラーのフアンが救いの手を差し伸べたことから、シャロンはフアンを父親のように慕うようになる。やがて高校生になったシャロンは、同級生のケヴィンに友情以上の想いを抱くようになるのだが…。
    監督・脚本:バリー・ジェンキンス
    出演:トレバンテ・ローズ、アンドレ・ホランド、ジャネール・モネイ、アレックス・ヒバート
    マハーシャラ・アリほか
    ©2016 A24 Distribution, LLC
  • ※もう1作品は近日発表の予定です
  • 町山智浩
    映画評論家。1962年東京都生まれ。早稲田大学卒業後宝島社に入社。雑誌『宝島』、『別冊宝島』ムック『おたくの本』『裸の自衛隊』『いまどきの神サマ』などの編集に携わる。その後洋泉社に転じ編集長として雑誌『映画秘宝』創刊、97年に退社後渡米。『映画の見方がわかる本』『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』『キャプテン・アメリカはなぜ死んだか』ほか著書多数。ガース柳下、ウェイン町山として翻訳家・映画評論家の柳下毅一郎とファビュラス・バーカー・ボーイズを結成し映画ファンに絶大な人気を誇る。最新刊は『「最前線の映画」を読む』(集英社インターナショナル)。現在、アメリカバークレイから様々なメディアを通じて映画評論を行っている。

料 金

(当日券・前売券ともに)
当日券=一般2,500円/学生1,900円/高校生1,000円/ユーロスペース会員2,200円
◆会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員 
◆当日券は開演1時間前より販売
◆全自由席(178席)
◆券面記載の整理番号順に入場

【2月6日(火) 0時よりチケット販売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2018年3月9日(金)~3月13日(火)

『渋谷らくご』(定期落語会 シブラク) サンキュータツオ・キュレーション

今月の見どころ

「渋谷らくご」とは……

<初心者が、いつ来ても楽しめる落語会>として設計されています。
どの回にいらしても満足していただけるような演者さんと番組をご用意して、皆様のご来場をお待ちしております。

もちろん、初心者にも伝わるということは、落語通も唸るもの。
「ホンモノ」の演者をサンキュータツオが厳選し、なんの予備知識がなくても楽しめる、新しいタイプの落語会です。勉強してこないでください。真面目に聴かなくても楽しめます。


▼次世代の二つ目がトリをとる!
立川笑二、立川寸志、瀧川鯉斗、三遊亭粋歌といった渋谷らくごのニューエイジ達がトリをとる、記念すべき月です。間に入って盛り上げるベテラン真打に、どう挑むのか。何が起こるかわからない、エキサイティングな空間に立ち会ってみませんか?同世代のお兄さんお姉さんを応援する気持ちで楽しんでください。

▼平日18時回も見どころたっぷり
平日の18時~19時はコンパクトでリーズナブルな、気軽に楽しめる1時間公演。「ふたりらくご」では古典派でも色の異なる柳亭小痴楽×古今亭文菊の聴き比べ、そして、瀧川鯉八と神田松之丞が「ひとりらくご」で登場します。いずれも1時間があっという間に感じられる、濃密なトリップになること間違いありません。

3月9日(金)
18:00-19:00  「ふたりらくご」 柳亭小痴楽 古今亭文菊
20:00-22:00  「渋谷らくご」 柳亭市童 立川談吉 三遊亭遊雀 神田松之丞**
3月10日(土)
14:00-16:00  「渋谷らくご」 立川吉笑 隅田川馬石 入船亭扇辰 立川笑二
17:00-19:00  「渋谷らくご」 立川志ら乃 雷門小助六 橘家圓太郎 古今亭志ん五
20:00-22:00  「月刊 太福マガジン」 玉川太福* ほか
3月11日(日)
14:00-16:00  「渋谷らくご」 柳家小八 橘家文蔵 立川左談次 立川寸志
17:00-19:00  「渋谷らくご」 立川こしら 入船亭扇里 林家彦いち 瀧川鯉斗
3月12日(月)
18:00-19:00  「ひとりらくご」 瀧川鯉八
20:00-22:00  「渋谷らくご」 柳家わさび 春風亭百栄 玉川奈々福* 三遊亭粋歌
3月13日(火)
18:00-19:00  「ひとりらくご」 神田松之丞**
20:00-22:00  「渋谷らくご」 春風亭昇々 台所おさん 玉川太福* 桂春蝶
*浪曲 **講談 
開場=開演30分前 
出演者は予告なく変わることがあります。

料 金

料 金
「渋谷らくご」
当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・落研1,200円/会員2,200円
前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・落研1,000円/会員2,000円
5枚回数券(6か月間有効/窓口でのみ販売)大人10,000円/学生7,500円/会員9,000円

「ふたりらくご」「ひとりらくご」
当日券=大人1,200円/学生900円/高校生・落研600円/会員1,100円
前売券=大人1,000円/学生700円/高校生・落研400円/会員900円

「月刊 太福マガジン」
前売券・当日券=1,000円 ★窓口販売のみ

◇会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
◇当日券は開演1時間前より販売
◇全自由席(178席)◇券面記載の整理番号順に入場

◆電話による前売り予約 (平日10:00~18:00):0120-240-540(カンフェティチケットセンター)

【2月9日午前0時よりWEB前売り発売開始】

一般のお客様

ユーロスペース会員のお客様

2018年3月16日(金)

超コントLIVE ジャルジャル「超コント」

超コントLIVE ジャルジャル「超コント」

超コントLIVE ジャルジャル「超コント」が開催!

いま、日本で最も目が離せないお笑い芸人・ジャルジャルが、
コントして、コントして、コントしまくります!!
彼らのコントポテンシャルを引き出す装置「超コント」LIVE。
その場でできたタイトルからインスピレーションを得て、
ぶっつけ本番で新作コントを披露します。
台本もない、稽古もしてない、打合せすらしていないだなんて、
あなたはとても信じられないはず! なんせ、めちゃくちゃおもしろいから!!
予定調和を嫌う二人が舞台上で交わす駆け引きと裏切りのスリル、
そして友情に、ゾワゾワすること間違いなし。
「反射神芸」とでも呼ぶべき、ジャルジャルの真骨頂の笑いをお見逃しなく!!

企画・制作 ニンポップ
企画協力 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
協力 渋谷コントセンター
3月16日(金)
20:15 開場
20:30 開演
  • 【プレイヤー】ジャルジャル(後藤淳平・福徳秀介)
     
  • 【コミッショナー】倉本美津留
     

料 金

全席自由(一般)
前売:3,000円(税込)
当日:3,500円(税込)

2/17(土)限定先行販売
https://jarujaru.stores.jp

2/22(木)0時 一般販売
カンフェティにて

※入場順は限定先行発売分が優先されます。
カンフェティ発売分は先行販売チケット購入者入場後、整理番号順のご案内となります。
あらかじめご了承ください。

2018年3月30日(金)~3月31日(土)

テアトロコント vol.26 渋谷コントセンター月例公演

ピンク・リバティ初登場、ミズタニーの新作にご期待ください!

出演=(演 劇)ミズタニー、ピンクリバティ(両日)
   (コント)決まり次第発表いたします。

   ◆4ユニット交代で30分ずつ上演ののち、ポストパフォーマンストークを行います。(全ユニット出演)

★コントと演劇のボーダー
「コントは、既存のフォーマットを破壊する短い演劇であり、未来の演劇の実験場である」
─これは渋谷コントセンター綱領の第2項です。
たとえ月に数日でも毎月公演を行う“コント小屋”が、コントと演劇の観客の眼力を頼りに、新たな公演形態に挑みます。その第1ステージは、テレビではできない、観られないコントを、コント師と演劇人が競演。いつかは交流を超えて化学反応を起こし、新しいジャンルが創出されないかという野望がこの「テアトロコント」です。

3月30日(金)
19:00 開場
19:30 開演(21時45分終了予定)
3月31日(土)
13:30 開場
14:00 開演(16時15分終了予定)
  • ミズタニー(両日出演)
    水谷圭一(ex.野鳩)によるセルフ演劇ユニット。2017年、渋谷コントセンターからのオファーにより押し出されるように立ち上げ。方針未定、メンバー不定。現状、テアトロコントでのみ公演を行なっている。
  • ピンク・リバティ(両日出演)
    2016年旗揚げ。劇団子供鉅人の山西竜矢が脚本・演出をつとめ、演劇作品を上演する。生々しい日常生活の情景と、非現実的なイメージがないまぜになった、奇妙な世界を描く。

料 金

料 金:当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・演劇・お笑い研1,200円/会員2,200円
    前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・演劇・お笑い研1,000円/会員2,000円
    □会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
    □当日券は開演1時間前から販売開始。
   ◆電話による前売り予約 (平日10:00~18:00):
    0120-240-540(カンフェティチケットセンター)
   ◆窓口販売 ユーロスペース(12:00~20:00)

チケット発売日は決まり次第発表いたします。

TOP