渋谷らくご

チケット料金・会場

「渋谷らくご」

当日券
大人2,500円/学生1,900円/高校生・落研1,200円/会員2,200円

前売券
大人2,300円/学生1,700円/高校生・落研1,000円/会員2,000円

5枚回数券(6か月間有効/窓口でのみ販売)
大人10,000円/学生7,500円/会員9,000円

「ふたりらくご」「ひとりらくご」

当日券
大人1,200円/学生900円/高校生・落研600円/会員1,100円

前売券
大人1,000円/学生700円/高校生・落研400円/会員900円

会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
当日券は開演1時間前より販売
全自由席(178席)券面記載の整理番号順に入場
◆窓口販売:ユーロスペース(同ビル3F)営業時間内
◆電話による前売り予約 (平日10:00~18:00):
0120-240-540(カンフェティチケットセンター)

イラスト

【10月13日午前0時よりWEB前売り発売開始】

  • チケットの購入はこちら

会場

MAP

渋谷駅下車、Bunkamura前交差点左折
ユーロスペース内/渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
TEL:03-3461-0211

イラスト

渋谷らくご<シブラク>について

渋谷らくご シブラクについて

落語会のスタイル、六通り!

渋谷らくご
三~四人の実力派真打から二つ目の落語家に、ひとり三十分くらいずつたっぷりと語ってもらう。
ひとりらくご
ひとりの落語家に五十~六十分で一席まるごと語るもの。演目を事前に発表することもある。
ふたりらくご
二人の落語家が三十分ずつ語るもの。
創作らくご
演出自らが創作した新作落語の会。
林家彦いちプレゼンツ 創作らくごネタおろし会しゃべっちゃいなよ
新しく造った噺を初めてお客に披露する会。
まくら王
噺家ならば、まくらだけでも満足させてくれ。四人の落語家がまくらを披露し、最後に落語を一席。※まくら・・・本題の前に披露する軽い小咄など

《シブラク》キュレーター サンキュータツオによるシブラクマニフェスト!

  1. 渋谷という場所だからこそ、若い人でも気軽に落語を楽しめる場所にします!
  2. 新しい切り口の興業内容とスタイルを構築し、トレンドを作ります!
    はじめての人でもフラっと入って楽しめる、落語会を作ります!
  3. 演劇、映画、お笑い・・・そんな文化と落語を並列化します!
サンキュータツオ

1976年生まれ。学者芸人漫才お笑いコンビ『米粒写経(こめつぶしゃきょう)』のツッコミ担当。早稲田大学大学院文学研究化博士後期課程修了。
お笑いの学術的研究をするとともに、アニメなどのユースカルチャーにも造詣が深い。
落語関係の執筆・編集協力などのほか、学術論文なども執筆。
2013年には著書『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方』(角川学芸出版)を発売。
一橋大学非常勤講師として、日本語学で教壇に立つ。TVやラジオ番組でも活躍中。

イラスト

イラスト

閉じる