渋谷コントセンター

文字サイズ

HEADLINE

2024.05.01

今後の予定

2024年5月25日(土)~5月26日(日)

テアトロコント vol.67 渋谷コントセンター月例公演(2024.5)

主催公演

テアトロコント vol.67 渋谷コントセンター月例公演(2024.5)

出演=演劇:劇団アンパサンド(両日)、
   コント:青色1号、春とヒコーキ(25日)、わらふぢなるお、無尽蔵(26日)
   ◆3ユニット交代で30分ずつ上演を行います。

※今回は、土日開催ですのでご注意ください!

★コントと演劇のボーダー
「コントは、既存のフォーマットを破壊する短い演劇であり、未来の演劇の実験場である」
鋭敏な観客の眼力を頼りに、コントと演劇の境界を探る。お笑いライブにとっては長く、演劇公演にとっては短い30分の持ち時間で、劇場でしか観られない上演でコント師と演劇人が競演します。交流により新たな化学反応を起こし、コント/演劇というカテゴライズによる《縛り》からの解放を試みるのがこの「テアトロコント」です。

==========

前売一般2,800円 学生2,300円
WEB限定 先着先行販売!
5月4日(土)昼12時〜5月6日(月祝)23:59は手数料が無料
販売:ローチケ https://l-tike.com/tc67/
一般発売:5月8日(水)昼12:00
5月25日(土)
18:00 開場
18:30 開演(20時10〜20分終了予定)
5月26日(日)
13:30 開場
14:00 開演(15時40〜50分終了予定)
  • 劇団アンパサンド(両日)
    安藤奎(劇作家・演出家・俳優)が旗揚げした演劇団体。
    2021年、深見由真(俳優)、菅原雪(俳優)が加入。
    茶の間やオフィスから始まる日常が、少しずつズレていき、いつの間にかとんでもない世界に変わってしまうという作風を特徴とし、現代社会のスケッチの技巧と展開が予想できない独自の物語性が魅力。
  • 青色1号(25日)
    上村典弘(左)、榎本淳(中)、仮屋想(右)。日常的な場面を題材にしながら三者三様の個性豊かなキャラクターで力強いコントを展開!
  • 春とヒコーキ(25日)
    土岡哲朗(左)、ぐんぴぃ(右)。青学落研出身。ビジュアルの個性もさることながら、繰り出されるパワーワードの数々による中毒性の高いコントで圧倒。
  • わらふぢなるお(26日)
    ふぢわら(右)と口笛なるお(左)からなるお笑いコンビ。独創的なふぢわらのボケに口笛なるおの鋭いツッコミが冴えるコントが魅力。
  • 無尽蔵(26日)
    野尻(左)、やまぎわ(右)。大学在学中より結成。普段は漫才をメインに活動しながらも、既存の枠にとらわれない解放的なコントで新たな視界を切り拓く。

2024年6月29日(土)~6月30日(日)

テアトロコント vol.68 渋谷コントセンター月例公演(2024.6)

主催公演

出演=演劇:中野劇団(両日)
   コント:ガクヅケ、そいつどいつ(29日)、サスペンダーズ、えびしゃ(30日)
   ◆3ユニット交代で30分ずつ上演を行います。

※今回は、土日開催ですのでご注意ください!

★コントと演劇のボーダー
「コントは、既存のフォーマットを破壊する短い演劇であり、未来の演劇の実験場である」
鋭敏な観客の眼力を頼りに、コントと演劇の境界を探る。お笑いライブにとっては長く、演劇公演にとっては短い30分の持ち時間で、劇場でしか観られない上演でコント師と演劇人が競演します。交流により新たな化学反応を起こし、コント/演劇というカテゴライズによる《縛り》からの解放を試みるのがこの「テアトロコント」です。

==========

前売一般2,800円 学生2,300円
WEB限定 先着先行販売!
5月21日(火)昼12時〜5月23日(木)23:59は手数料が無料
販売:ローチケ https://l-tike.com/tc68/
一般発売:5月25日(土)昼12:00(Lコード:33463)
6月29日(土)
18:00 開場
18:30 開演(20時10〜20分終了予定)
6月30日(日)
13:30 開場
14:00 開演(15時40〜50分終了予定)
  • 中野劇団(両日)
    2003年に京都で結成した社会人劇団。
    中野守の作演出による、笑いを主体とした会話劇を作り続け、短篇はこれまでに50本以上を発表。
  • ガクヅケ(29日)
    船引亮佑(左)と木田(右)からなるコンビ。ポップソングを用いたコントや、不可思議な設定のコント、強靭な身体性のあるパワフルなコントなど多様で多彩な中毒性のあるコントで席巻!
  • そいつどいつ(29日)
    市川刺身(左)、松本竹馬(右)、個性的なキャラクターをリアルで鮮やかに演じるコントが魅力。次世代を担う二人を要チェック!
  • サスペンダーズ(30日)
    古川彰悟、依藤たかゆきによるコンビ。身に降りかかる小さい不幸を前に慌てふためく古川とおかまいなしに追い詰める依藤のパワフルなコントにご注目ください!
  • えびしゃ(30日)
    サエキ、大根勇樹、中村シュンスケによる、学生時代からお笑いサークルで活動していたトリオ。それぞれのキャラクターの面白さに加え、大道具を効果的に用いたコントも魅力で次代の先陣を切る。

2024年7月26日(金)~7月27日(土)

テアトロコント vol.69 渋谷コントセンター月例公演(2024.7)

主催公演

出演=演劇:THE ROB CARLTON(両日)
   コント:決まり次第告知いたします。
   ◆3ユニット交代で30分ずつ上演を行います。

★コントと演劇のボーダー
「コントは、既存のフォーマットを破壊する短い演劇であり、未来の演劇の実験場である」
鋭敏な観客の眼力を頼りに、コントと演劇の境界を探る。お笑いライブにとっては長く、演劇公演にとっては短い30分の持ち時間で、劇場でしか観られない上演でコント師と演劇人が競演します。交流により新たな化学反応を起こし、コント/演劇というカテゴライズによる《縛り》からの解放を試みるのがこの「テアトロコント」です。

==========

前売一般2,800円 学生2,300円
販売:ローソンチケット 予定
7月26日(金)
19:00 開場
19:30 開演(21時10〜20分終了予定)
7月27日(土)
13:30 開場
14:00 開演(15時40〜50分終了予定)
  • THE ROB CARLTON(両日)
    THE ROB CARLTONは2010年12月、敬愛する「ラグビー」と「ホテル」をコンセプトに京都で誕生しました。主に関西の舞台やイベントで活動しつつ、“Funny”“Interesting”“Emotional”“Hospitality”この理念のもと、紳士的な振る舞いと限りなくコメディに近い芝居を日々探求している非秘密集団です。

TOP