渋谷コントセンター

文字サイズ

2020年7月25日(土)~7月26日(日)

テアトロコント vol.45 渋谷コントセンター月例公演(2020.7)

主催公演

テアトロコント vol.45 渋谷コントセンター月例公演(2020.7)

出演=(演 劇)劇団アンパサンド(両日)、テニスコート(26日)
   (コント)Aマッソ、吉住(25日)、スーパーニュウニュウ(26日)

   ◆3ユニット交代で30分ずつ上演を行います。

※今回は、土日の開催ですのでご注意ください。

★コントと演劇のボーダー
「コントは、既存のフォーマットを破壊する短い演劇であり、未来の演劇の実験場である」
─これは渋谷コントセンター綱領の第2項です。
たとえ月に数日でも毎月公演を行う“コント小屋”が、コントと演劇の観客の眼力を頼りに、新たな公演形態に挑みます。その第1ステージは、テレビではできない、観られないコントを、コント師と演劇人が競演。いつかは交流を超えて化学反応を起こし、新しいジャンルが創出されないかという野望がこの「テアトロコント」です。

テアトロコントvol.45公演における感染予防について、下記の通り対策を行い、公演を実施いたします。ご来場のみなさまにおかれましてもご協力をお願い申し上げます。

【新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い】
・発熱、咳などの症状がある場合は公演鑑賞を控えていただくようお願いいたします。
・咳エチケットにご協力ください。
・入退場時、また観劇中もマスクの着用を必須とさせていただきます。
・入場時に非接触型体温計にて検温を実施いたしますのでご協力をお願いいたします。 37.5℃以上のお客様は、ご入場をお断りいたします。
・まことに申し訳ございませんが、出演者への差し入れ、出待ち等はご遠慮くださいませ。
・カンフェティでの購入画面でもアナウンスさせて頂いておりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、保健所等の公的機関より要請を受けた場合、カンフェティ購入時に登録頂いたお客様の[氏名・電話番号・メールアドレス]を、電子的に暗号化された方法等により当該機関に提供する可能性がございます。
・日々の状況の変化に応じ、やむを得ず、公演を中止にすることがございます。ご了承くださいませ。

【会場での新型コロナウイルス感染拡大防止対策について】
・対策の一環として上演時間を短縮するため、今回は各回3組の上演とし、各ユニット間に5分間の休憩・換気をはさみます。
・客席は、最前列を使用せず、2列目の席より1席前後左右1席ずつ空けて半分以下の席数で公演を行います。
・受付、また楽屋内の技術スタッフも全てマスク着用で運営いたします。
・出演者、公演に携わるスタッフの体調把握を充分行います。
・ドアノブ、エレベータのボタンなど不特定多数が触れる場所、座席等の消毒を実施します。
・当会場は空調設備で常時強制換気を行っております。
・劇場ロビーに消毒液を設置します。
・チケット窓口にビニールカーテンを設置します。
・トイレへ手洗い石けん、ペーパータオルを設置します。

2020年7月20日 渋谷コントセンター
7月25日(土)
17:30 開場
18:00 開演(19時40分終了予定)
7月26日(日)
13:30 開場
14:00 開演(15時40分終了予定)
  • テニスコート(26日)
    小出圭祐、神谷圭介、吉田正幸の3名で武蔵野美術大学在学中に結成される。ナンセンスコメディをベースにしたコントを展開するコントグループ。定期的にコント公演を行うほか、構成作家や、雑誌などでの連載や寄稿、イラストや文章なども手がける。
  • 劇団アンパサンド(両日)
    安藤奎が作演出をし、上演する劇団。よく見かける人たちがおりなす会話に笑いつつも、なんとなく自分のことを言われているような気がしてしまうなかで、垣間見えるシニカルな笑いと優しい後味の二面性が特徴。
  • Aマッソ(25日)
    変な構造と、おっかないくらい勢いのある関西弁。ねじれ女子の作り出す世界観はハマる。他で見ないタイプの笑わせ方だ。(いとうせいこう)
  • 吉住(25日)
    丁寧な演技と構成の一人コントで一癖も二癖もある人物を演じ、観客の心を鷲掴みにする注目の若手ピン芸人!
  • スーパーニュウニュウ(26日)
    大将(左)とふるやいなや(右)による、マセキ芸能社所属の男女コンビ。ハイテンションなキャラクターとパワフルな展開のコントで圧倒。

TOP