渋谷コントセンター

文字サイズ

2019年9月27日(金)~9月28日(土)

テアトロコント vol.39 渋谷コントセンター月例公演(2019.9)

主催公演

テアトロコント vol.39 渋谷コントセンター月例公演(2019.9)

努力クラブを京都よりお招きします!トリコロールケーキが約2年半ぶりの出演です!

出演=(演 劇)努力クラブ、トリコロールケーキ(両日)
   (コント)大自然、ヒコロヒー(27日)、かもめんたる、ニューヨーク(28日)

   ◆4ユニット交代で30分ずつ上演を行います。

★コントと演劇のボーダー
「コントは、既存のフォーマットを破壊する短い演劇であり、未来の演劇の実験場である」
─これは渋谷コントセンター綱領の第2項です。
たとえ月に数日でも毎月公演を行う“コント小屋”が、コントと演劇の観客の眼力を頼りに、新たな公演形態に挑みます。その第1ステージは、テレビではできない、観られないコントを、コント師と演劇人が競演。いつかは交流を超えて化学反応を起こし、新しいジャンルが創出されないかという野望がこの「テアトロコント」です。

9月27日(金)
19:00 開場
19:30 開演(21時45分終了予定)
9月28日(土)
13:30 開場
14:00 開演(16時15分終了予定)
  • 努力クラブ(両日)
    2011年結成。以降、京都を中心に活動する。できることなら人目に触れさせたくないものをわざわざ持ち出してきて、それを中心に据えて、なるべく笑えるように芝居を作る。同じテイストのコントもする、京都で。

    演目=「夜、世界をふたりで抜け出す」
    作・演出=合田団地
    出演=大石英史、芝原里佳(匿名劇壇)
  • トリコロールケーキ(両日)
    代表の鳥原を中心として2010年に旗揚げ。体言止めや倒置法などの古めかしい言い回しを「大きな声」で発話することで観る者の鼓膜を震わせ、その振動が耳小骨(じしょうこつ) → 内耳(ないじ)へと伝わることによって脳に「音」が認識されるそうです。「孫を見るような優しい気持ちで見てほしい」という願いが高じ、祖父母に見せる気持ちで活動している。
    出演者:今田健太郎、香西佳耶、しじみ、モリサキミキ、亀野未曾右、橘享、石田哲也、鳥原弓里江(28日のみ出演)、高澤聡美(28日のみ出演)
  • 大自然(27日)
    のぶひろ(左)、ロジャー(右)によるコンビ。2015年結成、2018年4月より拠点を東京に移し活動中。独特なテンポと声、たっぷりとしたツッコミが特徴的なコントで観客を釘付けに。
  • ヒコロヒー(27日)
    2012年デビュー、関西で活動後、2014年に上京。アウトローな雰囲気と、毒づいたキレのあるネタで注目を集める。大喜利にも定評のある、期待のピン芸人!
  • かもめんたる(28日)
    岩崎う大と槙尾ユウスケからなるコンビ。切れ味のある台詞、異彩を放つ人物描写とずば抜けた演技力のコントで圧倒する。定期的に単独ライブや、主催の『劇団かもめんたる』など、舞台を中心に精力的に活動中。キングオブコント2013チャンピオン。
  • ニューヨーク(28日)
    嶋佐和也(左)、屋敷裕政(右)。デビューしてすぐに頭角を現し、2013年から単独ライブも毎年開催。ニューヨーク独特の目線を注入し差別・偏見・皮肉を笑いにかえる漫才、コントを繰り広げる。

TOP