渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2018年 4月13日(金)~17日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

今月のみどころ

「渋谷らくご」を楽しむためには、
なんの知識も準備もいりません。
想像する脳みそさえあれば、どなたでも楽しめます!

「渋谷らくご」とは……

<初心者が、いつ来ても楽しめる落語会>
として設計されています。毎月第二金曜から5日間連続10公演。どの回にいらしても満足していただけるような演者さんと番組をご用意して、皆様のご来場をお待ちしております。 もちろん、初心者にも伝わるということは、落語通も唸るもの。「ホンモノ」の演者をサンキュータツオが厳選し、なんの予備知識がなくても楽しめる、新しいタイプの落語会です。勉強してこないでください。真面目に聴かなくても楽しめます。

見どころ盛りだくさんのトリ、全員30分!

才気あふれる二つ目から、一級品の腕を持つ真打まで、どの演者も持ち時間は平等に30分! 土曜日は17年渋谷らくご大賞の瀧川鯉八、創作大賞の古今亭駒次が昼夜でトリをとる、創作の旗手を観る会。さらに、桂春蝶、橘家圓太郎、三笑亭夢丸、橘家文蔵といった安定感抜群の師匠方も味わえます。どの回に来て頂いても魅力的な若手、真打がみなさんをお迎えします。

とっつきやすい「創作らくご」から、つまみ食いの「ふたりらくご」まで

13日(火)20時からは「創作らくごのネタおろし」の会。現代を軸にしたオリジナルの噺なので、初めての方でも抵抗なく入れます。落語が生まれる瞬間のドキドキを演者さんと共に体験しませんか? 帰宅前やお仕事帰りにひと笑いしたい方には、平日18時からの「ふたりらくご」コンパクトでリーズナブルな1時間公演ですが、4月は初登場の五街道雲助×立川左談次など、他では見られない豪華ラインナップ!贅沢な時間をご提案します。