渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2022年 5月13日(金)~18日(水)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

5月14日(土)17:00~19:00 立川寸志 春風亭百栄 柳家わさび 玉川太福

「渋谷らくご」太福(だいふく)を聴け! 名手の競演

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 浪曲師 玉川太福先生は「渋谷らくご」の屋台骨を支える大きな存在です。古典から創作、浪曲という芸能の魅力を初心者でもわかるように伝えてくれるナイスガイです。ぜひこれをキッカケに浪曲に触れてもらいたいです。気になった方は浅草の木馬亭にも行ってみてね。
 最高齢の若手 寸志さん、渋谷らくごの妖精 百栄師匠、落語侍 わさび師匠と、古典/創作をTPOに合わせて引き出せる名手たちの競演です。

▽立川寸志 たてかわ すんし 落語立川流
44歳で入門、芸歴11年目、2015年二つ目昇進。編集マンをやめて、落語家になった。チラシの構成から、文章まで編集マンの能力を遺憾なく発揮する。CMの曲を無意識に口ずさんでしまう、「ちゅーるちゅーる チャウチュール」が頭の中で鳴り止まない。

▽春風亭百栄 しゅんぷうてい ももえ 落語協会
年を取らない妖精のような存在。さくらももこ先生とおなじ静岡県清水市(現・静岡市)出身、2008年9月真打昇進。
落語協会の野球チームでは、名ピッチャー。アメリカで寿司職人のバイトをしていた。日常生活の様子はわからないが、猫好き。

▽柳家わさび やなぎや わさび 落語協会
23歳で入門、芸歴18年目、2008年二つ目昇進。2019年9月に真打昇進。痩せ形で現在の体重は52kg。わさび師匠のお母様がたまに渋谷らくごに見にくる。最近私服にこだわっていて、濃い緑色のマスクをつけて「生わさび」の柄が入った靴下を履いた。

▽玉川太福 たまがわ だいふく 日本浪曲協会/落語芸術協会
1979年8月2日、2007年3月入門。サウナが大好きで、日本中に行きたいサウナがある。アイスクリームのパルムを冷凍庫から取り出して10分間置いておいてトロトロの状態で食べるのが好き。最近のお気に入りアイスは「ヨーロピアンワッフルサンド」。アイスはすぐに食べずに少し置いて溶かせて食べるタイプ。