渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2018年 10月12日(金)~16日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

10月13日(土)14:00~16:00 柳亭市童 玉川太福* 雷門小助六 橘家文蔵

「渋谷らくご」古典落語の時間を楽しむ

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 日々、忙しくしていると気持ちまで忙しくなって、人の感情の機微だとか、無駄に見える時間に価値を見いだせなくなってしまいます。休みの日の昼下がり、どこかでだれかと会う前に、落語に流れる時間に触れて、そんな気持ちを一新してみてはいかがでしょう。
 浪曲の太福さんを含めて、トリの文蔵師匠まで、優しく愛らしい時間を感じる2時間です。

▽柳亭市童 りゅうてい いちどう
18歳で入門、芸歴9年目、2015年5月二つ目昇進。先日酔っ払って知らない人たちと阿波踊りを全力で踊った、楽しかったとのこと。貫禄があるので27歳だと思われない。「昭和元禄落語心中」での太鼓の音は市童さんが叩いている。

▽玉川太福 たまがわ だいふく
1979年8月2日、新潟県新潟市出身、2007年3月入門、2012年日本浪曲協会理事に就任。2017年文化庁芸術祭大衆芸能部門の新人賞を受賞。この秋ソニーミュージックから浪曲CDが2枚同時に発売される快挙をなしとげる。ラグビーが大好き。

▽雷門小助六 かみなりもん こすけろく
17歳で入門、芸歴19年目、2013年5月真打ち昇進。演芸資料コレクターの一面も持ち、後輩から甘えられる体質。インスタグラムが猫の可愛い写真で溢れている。必ずスーツで行動するので、焼肉屋さんでもスーツで召し上がる。

▽橘家文蔵 たちばなや ぶんぞう
24歳で入門、芸歴33年目、2001年真打昇進。ツイッターで、朝ご飯や酒の肴など、日々の料理をつぶやいている。最近つくった料理は「鰹と昆布出汁に玉子をあわせた茶碗蒸し」。筋子も自らほぐす。空いた時間にはiPadで麻雀をするほどiPadをつかいこなしている。家にラジオがたくさんある。ずっとつけっぱなし。