渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2019年 3月8日(金)~12日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

3月12日(火)20:00~22:00 桂三四郎 雷門小助六 入船亭扇辰 古今亭菊之丞

「渋谷らくご」菊之丞シリーズ!2019年春

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

初心者向け:大河ドラマ『いだてん』の落語監修で大忙しの菊之丞師匠ですが、それでも日本全国津々浦々、会場のキャパシティ問わず出演、さらには都内の寄席出演を続けている第一線の真打としてますます存在感が増すばかりです。
王道を着実に歩む菊之丞師匠。そこに上方の三四郎さん、落語芸術協会の職人 小助六師匠、そして時間と空間を自在に操る魔術師のような扇辰師匠が出演する贅沢にもほどがある会です。
アングル:東京の真打と出会う機会の少ない三四郎さん、今日はどんな反応をみせてくれるのか、楽しみです。小助六師匠、扇辰師匠というバトンを繋ぐ名人が続く、そのあたりも聴きどころ!

▽桂三四郎 かつら さんしろう
22歳で入門、現在入門14年目。疲れた日はサウナに入ってリフレッシュする。軟水の「クリスタルガイザー」が好きで、楽屋にあるとテンションがあがる。「キングスレイド」というスマホゲームのレベルが高いらしい。「Voicy」にてトークを配信している。

▽雷門小助六 かみなりもん こすけろく
17歳で入門、芸歴19年目、2013年5月真打ち昇進。演芸資料コレクターの一面も持ち、後輩から甘えられる体質。愛猫家。先日、行きつけの小料理屋さんの女将さんから帯をもらう。その帯を小痴楽さんが狙っている。小助六師匠が所有している火鉢も小痴楽さんが狙っている。

▽入船亭扇辰 いりふねてい せんたつ
25歳で入船亭扇橋師匠に入門、現在入門28年目、2002年3月真打昇進。ギターからピアノまで演奏する。iPadを使いこなし、気になったものはすべて写真におさめている。先日まで南方で英気を養っていた。南方でも女性からツーショットをねだられるらしい。

▽古今亭菊之丞 ここんてい きくのじょう
18歳で入門、芸歴28年目、2003年9月真打ち昇進。大河ドラマ「いだてん」の江戸言葉指導と落語監修をおこなっている。ツイッターでは「いだてん」の裏話から、落語ファン必見のみどころ、落語の考察をツイートしている。スナック好き。