渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2019年 6月14日(金)~18日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

6月14日(金)20:00~22:00 笑福亭羽光 橘家圓太郎 柳家緑太 古今亭文菊

「渋谷らくご」古今亭文菊(ここんてい ぶんぎく)を聴こう!

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

初心者向け:滑稽噺から艶噺、人情噺まで、しっかり聴かせる若手真打、古今亭文菊師匠。どんな方でも楽しめるオールラウンダーとしての魅力がトリで炸裂する会となりそうです。若手、ベテランそろい踏みで噛み応え充分な金曜の夜になるでしょう!
アングル:二つ目の羽光さんは創作・古典どちらも演じるエンターテイナー。緑太さんもまくらから工夫してきて古典に挑む若手二つ目です。ベテラン圓太郎師匠が元気よく登場して会場の空気を変えるはず。その残像に負けるな、二つ目たち!


▽笑福亭羽光 しょうふくてい うこう
34歳で入門、芸歴13年目。2011年5月二つ目昇進。眼鏡を何種類も持っている。最近はフチが白い眼鏡をかけている。猫を可愛がる。可愛い猫のツイートにいいね!しがち。先日、VR落語という企画を成功させた。

▽橘家圓太郎 たちばなや えんたろう
19歳で入門、芸歴38年目、1997年3月真打昇進。怒りん坊なキャラクターで、オヤジの小言マシーンぶりは渋谷らくごでも爆笑を生んでいる。将来PTAの会長になるのではないかと危惧している。普段は優しく、裏表のない気持ち良い人なのです。

▽柳家緑太 やなぎや ろくた
25歳で入門、芸歴10年目、2014年11月二つ目昇進。古典落語をラップにしている。Youtubeで公開されていて、おそるべき完成度。和光市に住んでいるが、自転車で都内の落語会に出没している、半日で40キロ超自転車に乗る。

▽古今亭文菊 ここんてい ぶんぎく
23歳で入門、芸歴17年目、2012年9月真打昇進。私服がおしゃれで、楽屋に入るとまず手を洗う。前座さんからスタッフにまで頭を下げて挨拶をする。まつげが長い。最近ダイエットに挑戦中。大学では漕艇部に所属、熱中していた。夏用の帽子がおしゃれ。