渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2019年 6月14日(金)~18日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

6月16日(日)14:00~16:00 春風亭昇市 立川談吉 橘家文蔵 神田鯉栄**

「渋谷らくご」講談 神田鯉栄(かんだ りえい)がトリをとる!

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

初心者向け:落語も、講談も、浪曲も、面白い! そういう「渋谷らくご」で、神田松鯉門下の若き真打、神田鯉栄さんがトリをとります。女が惚れる女、それでいて女性らしさが芸の邪魔をしない。現代を生きる女性ならではのまくらから、心地よい語りのリズムに浸る講談。さて、トリでなんのネタが飛び出すか、乞うご期待。
アングル:若手の昇市さん、談吉さんが沸かせて、文蔵師匠でたっぷり落語を堪能してください。さて、ここで文蔵師匠はなにをやるでしょうか。時そば、青菜、千早ふる…、やりやすくトリに繋げつつ、しっかり笑わせてくれる手腕に注目です。


▽春風亭昇市 しゅんぷうてい しょういち
2014年入門、芸歴5年目、2018年5月二つ目昇進。先輩方のコミュニケーション、気の配り方まで完璧にこなす。ももいろクローバーZにドハマリしていて、ツイートのほとんどがももクロ情報。ハードディスクレコーダーの検索機能を駆使して、ももクロ関連のテレビ番組を逃さない。

▽立川談吉 たてかわ だんきち
26歳で入門、芸歴12年目、2011年6月二つ目昇進。最近は、電車につかわれているネジや道に落ちているネジまでを写真に収めてツイッターにアップしている。最近では裏ネジの写真をアップしている。やらなければいけないことがあるときに、うたた寝することが大好き。

▽橘家文蔵 たちばなや ぶんぞう
24歳で入門、芸歴33年目、2001年真打昇進。ツイッターで、朝ご飯や酒の肴など、日々の料理をつぶやいている。家にラジオがたくさんある。ずっとつけっぱなし。夜眠る前は、丁寧な歯磨きと歯茎マッサージを心がけている。最近つくった料理は「鰹の豆板醤&青ばん和え」。

▽神田鯉栄 かんだ りえい
平成13年入門、芸歴12年目、2016年5月真打ち昇進。講談師になる前までは、旅行会社の添乗員をやっていた。弟弟子の方やカルチャーセンターで受講生の方に対して、どうやって講談を伝えるかということに試行錯誤している。ちくわの磯辺揚げが好き。