渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2019年 6月14日(金)~18日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

6月16日(日)17:00~19:00 立川吉笑 入船亭扇里 快楽亭ブラック 立川寸志

「渋谷らくご」怪物たちの饗宴 ~二つ目 寸志がトリをとる~

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

初心者向け:この会は一風変わった落語家さんたちが揃いますが、落語は素晴らしいので安心してください(「落語は」って失礼ですけど)。擬古典の吉笑さん、120歳まで生きると豪語する扇里師匠、毒入り本格古典のブラック師匠、昭和に生まれた令和のスター寸志さん。落語は、普通の人とちがう、怪物がやるから、面白いのです。
アングル:ブラック師匠の圧倒的存在感のあとで、寸志さんはどうでるのか!? 扇里師匠からブラック師匠への急勾配も楽しみ。


▽立川吉笑 たてかわ きっしょう
26歳で入門、現在入門9年目、2012年4月二つ目昇進。小野照崎神社で断ち物をすることで、生活サイクルが変わった。先日も小野照崎神社で第二の断ち物をしてきた。豚肉とナスのトマトクリームパスタをつくっている、何度もつくることでコツをつかむことができた。

▽入船亭扇里 いりふねてい せんり
19歳で入門、芸歴23年目、2010年真打ち昇進。食べられない時期は競馬で稼いでいた。熱狂的なベイスターズファン、今年もベイスターズ中心のツイートになっている。プロ野球チップスのカードを集めている。

▽快楽亭ブラック かいらくてい ぶらっく
16歳で立川談志に入門、芸歴50年目。2000年、「快楽亭ブラック毒演会」が文化庁の芸術祭賞優秀賞を受賞する。歌舞伎から日本映画まで深い知識があり、東京MXテレビ「激論!サンデーCROSS」では映画評論家として出演している。

▽立川寸志 たてかわ すんし
44歳で入門、芸歴8年目、2015年二つ目昇進。緊張を楽しめる性格。落語家になる前は編集マンで神保町で働いていたことから、神保町について深い知識をもっている。小野照崎神社に行ったが、断ち物をせず帰ってきてしまった。