渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2019年 7月12日(金)~16日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

7月12日(金)20:00~22:00 桂三四郎 古今亭文菊 三遊亭遊雀 蜃気楼龍玉

「渋谷らくご」シブラク名人会

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

龍玉師匠をトリに迎え、夏らしい怪談が飛び出すのか、あるいは夏らしい爆笑古典が飛び出すのか。三四郎さん、文菊師匠という東西の「未来の名人」のあとに、現代の「名人」遊雀師匠が登場。名人会という名にふさわしいラインナップです。

▽桂三四郎 かつら さんしろう
22歳で入門、現在入門15年目。疲れた日はサウナに入ってリフレッシュする。スマホゲームアプリ「キングスレイド」にはまっていて、先日宣伝プロデューサーと戦っている模様が配信された。Voicyを積極的に活用している。

▽古今亭文菊 ここんてい ぶんぎく
23歳で入門、芸歴17年目、2012年9月真打昇進。私服がおしゃれで、楽屋に入るとまず手を洗う。前座さんからスタッフにまで頭を下げて挨拶をする。まつげが長い。最近ダイエットに挑戦中。大学では漕艇部に所属、熱中していた。

▽三遊亭遊雀 さんゆうてい ゆうじゃく
23歳で入門、芸歴31年目、2001年9月真打昇進。後輩の落語家さんのお兄さん的存在。写真を撮られるときは、メガネをおでこにかけなおす。酒豪。高校生の時、スーツを着て変装してちょっぴり大人な映画館にこっそり入ったことがある。

▽蜃気楼龍玉 しんきろう りゅうぎょく
24歳で入門、芸歴22年目、2010年9月真打ち昇進。身長が181cmと背が高い。飲み会では序盤からハイバールを飲むらしい。2016年国立演芸場花形演芸大賞受賞。各ジャンルのプロが集まって怪談話をする『怪奇蒐集者(コレクター)』というDVDにも出演している。