ユーロライブ

文字サイズ

渋谷らくご、渋谷コントセンターのアーカイブは、各々の専用ホームページをご参照ください。

2016年の主催・協力公演

2016年11月26日(土)~11月27日(日)

テアトロコント vol.13 渋谷コントセンター月例公演

テアトロコント vol.13 渋谷コントセンター月例公演

明日のアー、わらふぢなるおがテアトロコント初登場!11月26日(土)、11月27日(日)開催のテアトロコントvol.13は10月29日(土)0時発売!

出演=(演 劇)サンプル、明日のアー(両日)
   (コント)ゾフィー(両日)、マッハスピード豪速球(26日)、わらふぢなるお(27日)


   ◆4ユニット交代で30分ずつ上演ののち、アフタートークを行います。(全ユニット出演)

★コントと演劇のボーダー
「コントは、既存のフォーマットを破壊する短い演劇であり、未来の演劇の実験場である」─これは渋谷コントセンター綱領の第2項です。
たとえ月に数日でも毎月公演を行う“コント小屋”が、コントと演劇の観客の眼力を頼りに、新たな公演形態に挑みます。その第1ステージは、テレビではできない、観られないコントを、コント師と演劇人が競演。いつかは交流を超えて化学反応を起こし、新しいジャンルが創出されないかという野望がこの「テアトロコント」です。

11月26日(土)
15:30 開場
16:00 開演(18時15分終了予定)
11月27日(日)
13:30 開場
14:00 開演(16時15分終了予定)
  • サンプル
    松井周(劇作家・演出家・俳優)の主宰する劇団。松井が描く猥雑かつ神話的な世界の断片を、俳優とスタッフが継ぎ目なく奇妙にドライブさせていく作風は、同世代を中心に高い支持を得ている。『自慢の息子』(10年)で第55回岸田國士戯曲賞受賞。2016年より、サンプルの新機軸となる試み・一人芝居オムニバス公演『ひとりずもう』をスタート。一人じゃなくて二人、古屋隆太と奥田洋平による新作二人芝居をお届けする。
  • 明日のアー
    主宰の大北栄人が演劇でも芸人でもない地肩の強い素人を集めて結成したたけし軍団みたいな強い草野球チーム的コントユニット。「おもしろいコントができたら死んでもいい」と旗揚げした2015年の公演が好評だったので以降「死んだらいけない」をテーマに活動中。
  • ゾフィー
    2014年結成。上田航平(左)とサイトウナオキ(右)によるお笑いコンビ。シリアスかつブラックな雰囲気を醸しつつ、ゆがんだ正義でまっすぐに暴走していく不条理コントを展開する。
  • マッハスピード豪速球
    30分を一本のネタでグイグイもっていくその力量!コントを軸に次時代を担っていくであろうこのコンビの白熱を是非間近で体験して欲しい。(倉本美津留)
  • わらふぢなるお
    サンミュージック所属のふぢわら(右)とグレープカンパニー所属の口笛なるお(左)からなるお笑いコンビ。独創的なふぢわらのボケに口笛なるおの鋭いツッコミが冴えるコントが魅力。

TOP