渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2021年 1月8日(金)~12日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

1月11日(月)14:00~16:00 柳家あお馬 立川こしら 
入船亭扇辰 笑福亭羽光

「渋谷らくご」笑福亭羽光を確かめる会

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 渋谷らくご創作大賞受賞作「ペラペラ王国」で、ほかの賞まで獲っちゃった羽光さん。この男は、本物か!?
 男くさい青春時代から現在に至るまでのドキュメント的「私小説落語」シリーズ、笑福亭鶴光師匠の弟子らしい下ネタ、さらには本格上方落語、いったいこの男の正体はなんなのか。この公演のトリでそれを確かめてみようではありませんか。
 若手ながら落語の技術に惚れ惚れしてしまう あお馬さん、さらには一分・一秒たりとも瞬きできない濃密な劇場空間にしてしまう扇辰師匠。そんな本格派のなかにあって日本一の落語ハッカーであるこしら師匠、胡散臭さでは羽光さんの上をいく!?
 となると、羽光さん、どんな手で締めくくってくれるのか。乞うご期待!

▽柳家あお馬 やなぎや あおば」
25歳で入門、芸歴7年目、2019年2月二つ目昇進。ツイッターでは絵文字を多用している。銭湯巡りが趣味。学生時代は意外にも金髪だった。昨年末は年越し蕎麦とバンバーガーを食べた。ネタを考えるときは一度漫画にする。

▽立川こしら たてかわ こしら
21歳で入門、芸歴24年目、2012年12月真打昇進。フットワークが軽く、日本のみならず海外でも独演会を開催。いろいろなウェブサービスをつかって情報発信をしている。メルカリでも独自の商品を発売中。モバイルバッテリーはAnkerを愛用している。

▽入船亭扇辰 いりふねてい せんたつ
25歳で入船亭扇橋師匠に入門、現在入門32年目、2002年3月真打昇進。iPadを使いこなし、気になったものはすべて写真におさめている。昨年末はおいしい鯉こくを食べた。タバコの銘柄はラーク。疲れた日はレモンサワーを飲む。

▽笑福亭羽光 しょうふくてい うこう
34歳で入門、芸歴14年目。2011年5月二つ目昇進。「2018年創作大賞」受賞者。眼鏡を何種類も持っている。最近はフチが白い眼鏡をかけている。今年のお正月は20年ぶりにひな壇に座った。2020年NHK新人落語大賞で優勝をした。