渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2017年 8月11日(金)~15日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

8月12日(土)14:00~16 :00 柳家緑太 柳家小八 雷門小助六 神田松之丞

「渋谷らくご」神田松之丞が普通にトリをとる会

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 講談師、神田松之丞。2010年代を振り返ったとき、この人物のこの時期を聴けたことはとても幸せだったと実感することができるでしょう。講談のことはよくわからないという方でも、気にせずまずは松之丞さんを聴きに来てください。
 緑太さん、小八師匠、小助六師匠という、まちがいない力の持ち主がつなぐ会全体の空気も、心地よいことでしょう。この会にきて、ぜひお気に入りの落語家さんも見つけちゃってください。


▽柳家緑太 やなぎや ろくた
25歳で入門、芸歴8年目、2014年11月二つ目昇進。会話中絶妙な間で合いの手を入れる。落語家になる前は、朝までバイトして夜まで寝るという生活をしていた。バイト先の上司の話に対してリアクションをとっていたことで合いの手が上手くなり、いまでは師匠である花緑師匠にタメ口でつっこめるほど上手いらしい。市童さんにラップやダーツを教えた犯人は、緑太さん。

▽柳家小八 やなぎや こはち
25歳で入門、芸歴14年目、2017年3月真打ち昇進。東京農工大学工学部卒業。物理学を学ぶ。私服がおしゃれ。おかみさんは、8月18日の「しゃべっちゃいなよ」にご出演の三遊亭粋歌さん。粋歌さんの尻に敷かれている。先月の渋谷らくごでは、枕をふらずそのまま落語本編に入るという本寸法っぷりと、本人が落語を楽しむという絶妙なバランスの配分をされた。

▽雷門小助六 かみなりもん こすけろく
17歳で入門、芸歴18年目、2013年5月真打ち昇進。楽屋入りは必ずスーツで、早めに楽屋入り。後輩から慕われ、また甘えられている。11歳の時に落語家になるということを漠然と考えていたらしい。4匹の猫を飼っていて、そして猫アレルギー。今年の7月に、熱中症になってしまい、大好きなお酒を一時控える。今年の夏は、こまめにポカリスエットを買って熱中症対策をしている。

▽神田松之丞 かんだ まつのじょう
24歳で入門、芸歴11年目、2012年5月二つ目昇進。プロレス好き。iPadを使いこなす。東京かわら版8月号、先輩である宝井琴調先生とともに冒頭インタビューをうける。570人キャパの会場もすぐにチケットが売り切れてしまう人気ぶり。6月28日には、初のCDとなる『松之丞講談-シブラク名演集-』がソニーミュージック来福レーベルより発売。渋谷らくごの会場でも発売中。