渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2017年 12月8日(金)~12日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

12月9日(土)14:00~16:00 三遊亭鳳笑 橘家文蔵 林家たこ平 柳亭小痴楽

「渋谷らくご」 二つ目 柳亭小痴楽が普通にトリをとる会

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 お客さんにストレスを感じさせないキャラクター、声質、語り方。それらを総合して「軽さ」という美徳とされていますが、「軽い」人はえてして「おもしろかったけど、噺の印象が薄くてなにやったか忘れた」という場合が多いもの。ですが、小痴楽さんは二つ目にしてすでに「軽さ」と「噺」、そしてキャラクターがどれもつぶし合わずに並存している存在です。
 トリックスター鳳笑さんが存在感を発揮し、ベテランの文蔵師匠が間にはさまり楽しませてくれたあと、真打間近のたこ平さんも熱演、最後に小痴楽さんがなにを演るか。楽しみな会です。


▽三遊亭鳳笑 さんゆうてい ほうしょう
28歳で入門、芸歴12年目、2010年10月二つ目昇進。学生時代は居酒屋でアルバイトをしていた。前回渋谷らくごにご出演の際、楽屋のトアではなく非常階段の防火扉を空けて大きな声で「おはようございます!」とご挨拶をされていた。

▽橘家文蔵 たちばなや ぶんぞう
24歳で入門、芸歴31年目、2001年真打昇進。ツイッターで、朝ご飯や酒の肴など、日々の料理をつぶやいている。最近つくった料理は「山椒の香りをきかせたキノコたっぷりの炊き込み御飯」。最近一箱880円のトルコ産松茸を買った。香りが強いとのこと。

▽林家たこ平 はやしや たこへい
1979年7月4日、大阪府出身、2003年11月入門、2007年二つ目昇進。ツイッターのアカウントは存在しているのだが、9ツイートしかつぶやかれていない。最新ツイートは11月2日12時の「青いなぁ…。」。平成30年秋真打ちに昇進することが決定した。

▽柳亭小痴楽 りゅうてい こちらく
16歳で入門、芸歴12年目、2009年11月二つ目昇進。落語芸術協会の二つ目からなる人気ユニット「成金」メンバー。気分の良いときは、テレビドラマ「ロングバケーション」のサウンドトラックを聴いて、しんみりする。最近の望みは「寝ながら食べること」。