渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2018年 1月12日(金)~16日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

1月13日(土)14:00~16:00  立川笑二 入船亭扇里 玉川奈々福* 隅田川馬石

「渋谷らくご」じっくり聴く落語

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 大学も卒業したりすると、大人の話を2時間黙って聴く機会というのもなくなるものです。
 ですが、黙って人の話を聴いて、こんなに楽しめる時間というのがあったのかと、「話を聴く」「想像する」ことの楽しさに、そろそろ目覚めてもいい!
 笑二さん、扇里師匠、馬石師匠と、渋谷らくごの心臓といってもいい面々でお送りする落語、そして今年も元気な奈々福さんの唸る浪曲をご堪能あれ。


▽立川笑二 たてかわ しょうじ
20歳で入門、芸歴7年目、2014年6月に二つ目昇進。沖縄出身の落語家。お酒を飲んでいない日、寝る前に現代文の問題を解いている。飲み会に参加することが多いが、気付くと寝てしまっている。2017年9月からツイッターの更新がされていない。

▽入船亭扇里 いりふねてい せんり
19歳で入門、芸歴22年目、2010年真打ち昇進。熱狂的な横浜DeNAベイスターズファン。食べられない時期は競馬で稼いでいた。渋谷らくごのポッドキャストから「扇里ファン」が急増中。基本的に朝たっぷり寝たいタイプ。馬石師匠がいると楽屋で甘える。

▽玉川奈々福 たまがわ ななふく
1995年曲師(三味線)として入門、芸歴22年目。浪曲師としては2001年より活動。2012年日本浪曲協会理事に就任。「シブラクの唸るおねえさん」。浪曲の稽古に熱が入りすぎて足を捻挫するという珍エピソードを持つ。年末に断捨離を決行した。

▽隅田川馬石 すみだがわ ばせき
24歳で入門、芸歴24年目、2007年3月真打昇進。高座を終えて楽屋を出る速度が渋谷らくごの出演者の中で最も早い。扇里師匠がいると、20年前を思い出し叱りたくなってしまう。75歳で落語家のピークを迎えるよういまから調整している。