渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2018年 1月12日(金)~16日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

1月14日(日)17:00~19:00 立川志ら乃 柳家小里ん 雷門小助六 神田松之丞**

「渋谷らくご」松之丞シリーズ! 小里ん師匠、登場!

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 昨年から引き続き、年があけても独演会三昧の松之丞さん。まだ未見の方はぜひ生で「講談」なるものの魅力、松之丞さんという演者の個性を知るキッカケにしてもらいたいです。
 この会では、志ら乃師匠、小助六師匠という、落語立川流・落語芸術協会を代表するような若手真打が火花を散らします。そして、間にはさまる大ベテランの小里ん師匠! 個を消し、落語を愛し、信じて身を任せる。その姿勢に芸の凄みがにじみ出ます。
 本物を、頭で理解しようとせずに、身体で体験してください!


▽立川志ら乃 たてかわ しらの
24歳で入門、芸歴20年目、2012年12月真打昇進。いま歯の治療のために歯医者に通っている。楽屋でのマシンガントークで2日続けて後輩をノックアウトさせる。落語の裾野を広げるために、現在は落語家から声優まで26人同時に稽古をつけている。

▽柳家小里ん やなぎや こりん
21歳で入門、芸歴49年目、1983年9月真打ち昇進。大の映画好き。ユーロスペースにたびたび映画を観にくる。浅草のパチンコ屋に出没する。浅草演芸ホールに出演する落語家さんが突然来られなくなり興行が滞りそうな時は、前座さんはパチンコ屋に走り、小里ん師匠を探す。

▽雷門小助六 かみなりもん こすけろく
17歳で入門、芸歴18年目、2013年5月真打ち昇進。猫好きで4匹の猫を飼っている。甥っ子さんを「高い高い」したことが原因で右腕が筋肉痛になる。猫アレルギー。渋谷らくごの楽屋では、志ら乃師匠とイチャイチャしている姿をよく目にする。

▽神田松之丞 かんだ まつのじょう
24歳で入門、芸歴11年目、2012年5月二つ目昇進。プロレス好き。iPadを使いこなす。新潮社から『絶滅危惧職、講談師を生きる』が発売。「神田松之丞問わず語りの松之丞」が放送中。今年のお正月は週刊現代で8ページの特集が組まれた。猫好き。