渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2018年 1月12日(金)~16日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

1月15日(月)18:00~19:00 立川寸志 古今亭駒次 瀧川鯉八

「各賞受賞者の会」これから売れます!

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 ポッドキャストやラジオ(文化放送「渋谷らくごのラジオ」)でも大反響の立川寸志さん。
 創作らくご大賞をものにし、真打昇進も間近の創作の鬼、古今亭駒次さん。
 昨年一年で渋谷らくごの象徴的な存在であった瀧川鯉八さん。
 才能ある3人の演者を、1時間で味わえます。これからこの3人、売れます!


▽立川寸志 たてかわ すんし
44歳で入門、芸歴6年目、2015年二つ目昇進。2017年渋谷らくご賞「たのしみな二つ目賞」受賞。年末に声が出なくなったが響声破笛丸という漢方薬で回復した。家で突然歌いだす癖がある。2017年1年間の立川流一門会の出演料をなくしてしまう。

▽古今亭駒次 ここんてい こまじ
24歳で入門。芸歴15年目、東京都渋谷区出身。鉄道をこよなく愛し、鉄道に関するコラムを執筆するほど。2017年創作らくご「しゃべっちゃいない」で創作大賞を受賞。審査員の長嶋有さんのファンで、受賞式で長嶋さんからサインをもらう。

▽瀧川鯉八 たきがわ こいはち
24歳で入門、芸歴11年目、2010年二つ目昇進。2017年第三回渋谷らくご大賞「おもしろい二つ目賞」を受賞。ダイエットを試みているが朝からお刺身を食べたりピザパンを食べたりと奔放な生活を送っている。3月23日内幸町ホールで独演会「チャオ」を開催。