渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2018年 1月12日(金)~16日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

1月15日(月)20:00~22:00 立川吉笑 三遊亭粋歌 瀧川鯉八 林家彦いち

「創作らくご」未来の落語の創造主

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 人の名前が現代の名前っぽくないだけで入り込めない、時代がちがうというだけで想像に壁ができる。
 そういうSFがちょっと苦手な方でも楽しめるのが創作らくご。
 限りなく古典らしい、現代感覚の古典を演じる吉笑さんから、OL経験を活かし人間観察による細かい描写を得意とする粋歌さん、映画や演劇が好きな人なら必ずなにか感じることのある鯉八さん、
 そして、創作一筋まもなく30年の彦いち師匠。 
 落語ってこんなにわかりやすくて、こんなに楽しくて、こんなに深いものなのかと、感じてもらえる会だと思います。


▽立川吉笑 たてかわ きっしょう
26歳で入門、現在入門7年目、2012年4月二つ目昇進。オンラインサロン「立川吉笑GROUP」を立ち上げ、新しい活動を試みている。酒豪。酒豪のあまりヴィレッジヴァンガードが発行する『酒場人』という雑誌に取り上げられた。

▽三遊亭粋歌 さんゆうてい すいか
2005年8月入門、現在12年目、2009年6月二つ目昇進。28歳で突如会社勤めをやめて、落語家になる。子育てのまっただ中。ツイッターでは美輪明宏の名言にいいね!を押しがち。ねこの動画にいいね!を押しがち。

▽瀧川鯉八 たきがわ こいはち
24歳で入門、芸歴11年目、2010年二つ目昇進。2017年第三回渋谷らくご大賞「おもしろい二つ目賞」を受賞。「長崎みそ五郎」という昔話をもとにしたキャラクターに似ているとツイッターで指摘をうける。3月23日内幸町ホールで独演会「チャオ」を開催。

▽林家彦いち はやしや ひこいち
1969年7月3日、鹿児島県日置郡出身、1989年12月入門、2002年3月真打昇進。
創作らくごの鬼。キャンプや登山・釣りを趣味とするアウトドア派な一面を持つ。FULLCLIPというバッグメーカーと彦いち師匠がコラボ。彦いち師匠監修のバッグが好評発売中。