渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2018年 1月12日(金)~16日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

1月14日(日)14:00~16:00 立川こしら 瀧川鯉朝 古今亭志ん五 橘家圓太郎

「渋谷らくご」圓太郎シリーズ! 古典を味わう

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 「最初に落語を聴くなら古典というものを聴いてみたい」そう思う方も多いはず。演者の名前もわからない、演目の名前も読めない、そういう人に向けてもオススメな橘家圓太郎師匠。初心者から通まで唸らせる間口の広い芸をどうぞ!
 そして三人の若手真打が火花を散らすところがこの会のウラの見どころ。心のなかで一番を決めるつもりで聴いてみて!


▽立川こしら たてかわ こしら
21歳で入門、芸歴21年目、2012年12月真打昇進。フットワークがひたすらに軽く、日本のみならず海外でも独演会を開催している。仮想通貨に詳しい。着物から袴まで作れてしまうほど器用。いまオリジナルバッグを考案中。もうそろそろ商品化される。

▽瀧川鯉朝 たきがわ りちょう
24歳で入門、芸歴26年目、2006年真打昇進。連続テレビ小説の「ひよっこ」にはまり、年末までひよっこロスになっていた。手を両頬にそえて首を傾げる姿が決めポーズ。西原理恵子ファンで、西原理恵子のポスターがあると足を止めてしまう。

▽古今亭志ん五 ここんてい しんご
28歳で入門、芸歴14年目、2017年9月真打昇進。渋谷らくごの公式読み物どがちゃがでは、志ん五師匠の似顔絵コラムが掲載中。スケートボードにはまり稽古を重ねているので、技術がめきめきとあがっている。またバク転ができるよう稽古を重ねている。

▽橘家圓太郎 たちばなや えんたろう
19歳で入門、芸歴36年目、1997年3月真打ち昇進。オヤジの小言マシーンぶりは渋谷らくごでも爆笑を生んでいる。この時期は可愛らしいパーカーを着て楽屋にいらっしゃる。高校時代はラグビー一筋だった。