渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2018年 7月13日(金)~17日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

7月14日(土)14:00~16:00 立川こしら 三遊亭遊雀 桂三四郎 古今亭文菊

「渋谷らくご」爆笑落語会

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

なにはともあれ、笑いたい。そういうニーズをお持ちのお客様はぜひこの会にいらしてください。
トリの文菊師匠は、笑わせることも、泣かせることも、怖がらせることも自在の、脅威の若手真打。必ずやシビれる余韻を残してくれることでしょう。乞うご期待!

▽立川こしら たてかわ こしら
21歳で入門、芸歴21年目、2012年12月真打昇進。フットワークが軽く、日本のみならず海外でも独演会を開催。仮想通貨に詳しく、最近は仮想通貨研究家という肩書きでマスコミに出演。先月は、テレビ東京の『美の巨人たち』にも出演する。

▽三遊亭遊雀 さんゆうてい ゆうじゃく
23歳で入門、芸歴31年目、2001年9月真打ち昇進。私服がおしゃれ。この時期は半袖Tシャツに、ジーンズ。背が高い。いわゆるゾーンに入っている遊雀師匠の高座は「ダークサイド遊雀」と呼ばれる、前回の渋谷らくごは完全に「ダークサイド遊雀」だった。

▽桂三四郎 かつら さんしろう
22歳で入門、現在入門14年目。疲れた日はサウナに入ってリフレッシュする。乃木坂46、欅坂46に次いで秋元康がプロデュースする「吉本坂46」に応募、オーディションを勝ち上がり続けて、現在第五次審査を受けている。

▽古今亭文菊 ここんてい ぶんぎく
23歳で入門、芸歴16年目、2012年9月真打ち昇進。渋谷らくごには、スターバックスを片手に楽屋入りされることが多い。まつげが比較的長い。私服がおしゃれで、この時期はVネックのシャツにハットを被って楽屋入りされる。楽屋に入るとまず手を洗う。