渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2018年 7月13日(金)~17日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

7月14日(土)17:00~19:00 立川志ら乃 玉川奈々福* 桂春蝶 快楽亭ブラック

「渋谷らくご」本寸法の快楽亭ブラック

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 16回の改名、放送禁止落語、立川流の自主退会。どこの寄席でも見られない、落語界最後の秘境、二代目快楽亭ブラック。
 が、圧倒的な技術と豊富な知識、なにより浴びている文化の量がほかの落語家とまったくちがう、超本格派である。
 33歳の立川談志に16歳で入門、寄席で育って磨かれた素養があっての、「遊び心」が世間の耳目をひく。が、3月に亡くなった立川左談次師匠をして「立川流で一番うまいのはブラック。本寸法の彼をみんなに聴いてもらいたい」と言わしめたブラック師匠も、今年でいよいよ芸歴50年目を迎えています。
 立川流の後輩 志ら乃師匠、世界が感嘆した浪曲の奈々福さん、上方落語の雄 春蝶師匠。四者、大激突の会となります。

▽立川志ら乃 たてかわ しらの
24歳で入門、芸歴21年目、2012年12月真打昇進。スーパーマーケットが大好き、今年TBSラジオ「ジェーンスー生活は踊る」でおこなわれたスーパー総選挙にゲストコメンテーターとして出演しスーパーの解説をしてしまうほどスーパーが好き。

▽玉川奈々福 たまがわ ななふく
1995年曲師(三味線)として入門、芸歴23年目。浪曲師としては2001年より活動。2012年日本浪曲協会理事に就任。「シブラクの唸るおねえさん」。2018年「文化庁文化交流使」に任命され、2ヶ月間欧州をまわり浪曲公演をおこなう。今回の渋谷らくごは凱旋です。

▽桂春蝶 かつら しゅんちょう
19歳で入門、芸歴24年目、2009年8月、父の名「春蝶」を襲名する。積極的にツイートをしている。上方落語協会のファンイベント「彦八まつり」の実行委員長に選出される。『ジョジョの奇妙な冒険』が好きで、特に第5部がお好きとのこと。

▽快楽亭ブラック かいらくてい ぶらっく
16歳で立川談志に入門、芸歴50年目。2000年、「快楽亭ブラック毒演会」が文化庁の芸術祭賞優秀賞を受賞する。歌舞伎から日本映画まで深い知識があり、東京MXテレビ「激論!サンデーCROSS」では映画評論家として出演している。