渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2018年 9月14日(金)~18日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

9月18日(火)20:00~22:00 立川談吉 玉川奈々福* 春風亭百栄 古今亭文菊

「渋谷らくご」これで30代!? 文菊の世界

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 古今亭文菊師匠、いまだ40歳の手前にいながら、すでに熟練の域に入っているような落語です。あと30年後もこの人が落語をやっていると思うと、どうなっているんだろうという予想することさえ恐ろしいほどです。まずはこの、文菊師匠の魅力に触れてもらいたい公演です。
 そして、北海道帯広出身の談吉さんは、聴きなれた古典落語のなかにサラッと不思議な一言を添えてまるでちがった一席に仕上げる名手、<シブラクの唸るおねえさん>こと奈々福さんは、世界を飛び回る美声の浪曲師、百栄師匠は高い精度で爆笑を作り上げる創作落語の四番打者!
 それぞれにまったくちがう魅力をもった四人。四本の映画を観るような気持ちでぜひいらしてくださいね!

▽立川談吉 たてかわ だんきち
26歳で入門、芸歴11年目、2011年6月二つ目昇進。この夏は、お腹が張ってしまったので、カイロプラクティックに通って身体の調子を整えた。この夏、しゃっくりが止まらなくなって水が飲めなくなった。

▽玉川奈々福 たまがわ ななふく
1995年曲師(三味線)として入門、芸歴23年目。浪曲師としては2001年より活動。2012年日本浪曲協会理事に就任。「シブラクの唸るおねえさん」。これから様々なジャンルの芸術と浪曲を組み合わせる新企画をこの秋からスタートさせる。

▽春風亭百栄 しゅんぷうてい ももえ
年を取らない妖精のような存在。静岡県静岡市出身、2008年9月真打ち昇進。
不思議な風貌で、危ないネタをかけつづている。落語協会の野球チームでは、名ピッチャーとして活躍する。
アメリカで寿司職人のバイトをしたことがある。猫が大変お好きという意外は日常生活の様子を見せない。

▽古今亭文菊 ここんてい ぶんぎく
23歳で入門、芸歴16年目、2012年9月真打ち昇進。私服がおしゃれで、楽屋に入るとまず手を洗う。前座さんからスタッフにまで頭を下げてくださる。まつげが長い。