渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2019年 1月11日(金)~15日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

1月13日(日)14:00~16:00 三遊亭粋歌 橘家圓太郎 春風亭昇々 古今亭文菊

「渋谷らくご」 爆笑落語会 脅威の30代、文菊を聴こう!

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

初心者向け:まもなく40歳になろうという文菊師匠、すでに風格はベテランそのもの。こんな若手真打がいるのかよととにかく衝撃を受けてもらいたい。おそらくは爆笑の連続になるかと思いますが、トリはなにが飛び出すかわかりません。
アングル:創作の貴婦人 粋歌さん、元気いっぱいの圓太郎師匠、絶好調男 昇々さん。一筋縄ではいかない個性的な面々。文菊師匠がどんな展開で高座を迎え、どう仕上げるのか。乞うご期待。

▽三遊亭粋歌 さんゆうてい すいか
2005年8月入門、現在13年目、2009年6月二つ目昇進。28歳で突如会社勤めをやめて、落語家になる。子育てのまっただ中。新作落語は喫茶店かファミレスに入ってつくる。NHKラジオ「すっぴん」に出演している。

▽橘家圓太郎 たちばなや えんたろう
19歳で入門、芸歴37年目、1997年3月真打ち昇進。怒りん坊なキャラクターで、オヤジの小言マシーンぶりは渋谷らくごでも爆笑を生んでいる。将来PTAの会長になるのではないかと危惧している。普段は優しく、裏表のない気持ち良い人なのです。

▽春風亭昇々 しゅんぷうてい しょうしょう
1984年11月26日、千葉県松戸市出身。2007年に入門、2011年二つ目昇進。楽屋で仲間を驚かせるためパンツ一枚になることがある。昨年末はインドに行き、インドに流れる時間に身をゆだねていた。最近電車内で吊革につかまらないとふらつくようになった。

▽古今亭文菊 ここんてい ぶんぎく
23歳で入門、芸歴16年目、2012年9月真打ち昇進。私服がおしゃれで、楽屋に入るとまず手を洗う。前座さんからスタッフにまで頭を下げて挨拶をする。まつげが長い。最近はキャリーバッグで楽屋入りする。