渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2020年 2月14日(金)~18日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

2月15日(土)17:00~19:00 柳家小せん 立川寸志 橘家文蔵 瀧川鯉八

「渋谷らくご」瀧川鯉八がトリをとる 実力派勢ぞろい!

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

この会は、本年真打昇進を控える瀧川鯉八さんを中心に、さまざまな芸風の演者を堪能していただける会となっております。
力まず、聴く人に負担をかけない語り口で、自然と落語の世界に誘う小せん師匠、流れるような語り口でぐいぐい自分の世界にひきこむ寸志さん、ぽつぽつと語りながら観客を集中させて的確なパンチ力あるフレーズを放り込んでくる文蔵師匠。どの方もも逃せないです。
トリの鯉八さんは現代の寓話、落語の可能性を拡げるニュータイプの落語家です。

▽柳家小せん やなぎや こせん
22歳で入門、芸歴22年目、2010年9月真打ち昇進。橘家文蔵師匠と入船亭扇辰師匠と音楽ユニット「三K辰文舎」としても活動中。先日、玉川みね子師匠のお三味線で、浪曲に挑戦した。今月はじめ、ベトナムのフーコック島に行ってきた。

▽立川寸志 たてかわ すんし
44歳で入門、芸歴8年目、2015年二つ目昇進。編集マンをやめて、落語家になった。チラシの構成から、文章まで編集マンの能力を遺憾なく発揮する。鉄道も好き。先日乗ったランライズ出雲では車窓からレールを眺め大興奮した。

▽橘家文蔵 たちばなや ぶんぞう
24歳で入門、芸歴33年目、2001年真打昇進。晴れている日は積極的にお布団を干す。ツイッターで、朝ご飯や酒の肴など、日々の料理をつぶやいている。先日突然歯が痛くなった。最近つくった料理は「セロリの葉とトマトを入れ赤ワインで煮込んだタンシチュー」。

▽瀧川鯉八 たきがわ こいはち
24歳で入門、芸歴13年目、2010年二つ目昇進。2020年5月に真打に昇進することが決定。寒くなってくるとモンベルのウィンドブレーカーを着る。先日玉川みね子師匠と並んでラーメンを食べた。鯉八さんの似顔絵のLINEスタンプが発売中、スタンプは2種類ある。