渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2020年 2月14日(金)~18日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

2月17日(月)18:00~19:00 古今亭駒治 春風亭百栄

「ふたりらくご」創作落語会

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

創作の貴公子 駒治師匠と、落語の妖精 百栄師匠。
どちらの師匠も自作の創作を得意としています。百栄師匠は古典落語も手掛けていますが、なにを語っても百栄落語。
楽しいなかになにか考えさせられてしまうような、自分と向き合うちょっとしたヒントもあるかもしれません。
江戸時代のことはよくわからないけど、現代のことなら……と思っている初心者の方にもぜひいらしてもらいたいです。
駒治師匠の創作「車内販売の女」は、ただいま渋谷らくごのポッドキャストで配信中。まもなく配信終了ですのでお早目に。

▽古今亭駒治 ここんてい こまじ
24歳で入門。芸歴17年目、東京都渋谷区出身。鉄道をこよなく愛し、鉄道に関するコラムを執筆するほど。先日の渋谷らくごの楽屋では、丸ノ内線について力説していた。2017年創作らくご「しゃべっちゃいなよ」で創作大賞を受賞。背の高さが目立つ。

▽春風亭百栄 しゅんぷうてい ももえ
年を取らない妖精のような存在。さくらももことおなじ静岡県清水市(現・静岡市)出身、2008年9月真打ち昇進。
落語協会の野球チームでは、名ピッチャー。アメリカで寿司職人のバイトをしていた。日常生活の様子はわからないが、猫好き。