渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2021年 9月10日(金)~15日(水)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

9月12日(日)14:00~16:00 橘家文吾 立川こしら 柳家わさび 古今亭文菊

「渋谷らくご」若手競演 ~そうだ、文菊を聴こう!〜

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 40代に入ってさらに成長著しいと評判の文菊師匠を、いま聴かずにいつ聴くのか! 笑わせもするし、泣かせもする変幻自在の高座は常に聴く人の心を打ってやみません。
 この公演は、創作に古典にメディアの仕事にも精力的なわさび師匠、整った顔立ちでありながらニヒルな視点で笑いを誘う文吾さん、落語界最大のバグモンスターこしら師匠と、30代から40代の若手が競う落語界。楽しい公演になること間違いナシ!
 ぜひ落語はじめてという方にも、強力にオススメしたい番組です。わさび師匠が、こしら師匠と文菊師匠に挟まってどういう高座に組み立ててくるのか要チェック!

▽橘家文吾 たちばなや ぶんご
21歳で三代目橘家文蔵師匠に入門、芸歴8年目、2018年11月二つ目昇進。本名が「中西翼」とカッコいい。シブラクに行く前には、カレー食べがち。先日はじめて「柳陰」を飲んだ。朝、大谷選手の野球中継を見て過ごす。

▽立川こしら たてかわ こしら
21歳で入門、芸歴24年目、2012年12月真打昇進。着物からお米までいろいろなものを自作する。自宅を持たず、ホテル暮らしをしている。いまは対馬に興味がわいている。公式ショップでは、落語の手ぬぐいから卓球セットまで売っている。

▽柳家わさび やなぎや わさび
23歳で入門、芸歴18年目、2008年二つ目昇進。2019年9月に真打昇進。痩せ形で現在の体重は52kg。わさび師匠のお母様がたまに渋谷らくごに見にくる。先日、空手道連盟を取材したところ、「柳家わさび」の名前が入っている道着をもらった。。

▽古今亭文菊 ここんてい ぶんぎく
23歳で入門、芸歴19年目、2012年9月真打昇進。私服がおしゃれで、楽屋に入るとまず手を洗う。前座さんからスタッフにまで頭を下げて挨拶をする。まつげが長い。最近ダイエットに挑戦中。大学では漕艇部に所属、熱中していたが、オリンピックでボートは見ない。