渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2017年 10月13日(金)~17日(火)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

10月14日(土)17:00~19:00 柳亭市童 立川吉笑 玉川奈々福* 橘家文蔵

「渋谷らくご」 安定感を味わう 三代目文蔵を聴こう

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 三代目橘家文蔵師匠。渋谷らくご3年の歴史のなかで、一席たりともお客さんを後悔させた高座はありません。
 安定感と一口に言っても、それは期待をされてもその期待を上回るという、強者のみに使われる重い言葉です。
 それでも高座で結果を出し続ける。高座で毎日、自己記録更新中の文蔵師匠の、ハートの掴み方に注目。

▽柳亭市童 りゅうてい いちどう
18歳で入門、芸歴7年目、2015年5月二つ目昇進最近悪い誘いをうけてダーツをはじめた、天才的な才能があるらしい。最近悪い誘いをうけてラップをはじめた、天才的な才能があるらしい。初めてお酒を飲んだ時全く酔っ払わなかった。お酒に強い。

▽立川吉笑 たてかわ きっしょう
26歳で入門、現在入門7年目、2012年4月二つ目昇進。2015年『現在落語論』を出版。先月オンラインサロン「立川吉笑GROUP」を立ち上げ、ウェブを活用した新しい落語家の動きを模索している。酒豪。

▽玉川奈々福 たまがわ ななふく
1995年曲師(三味線)として入門、芸歴22年目。浪曲師としては2001年より活動。2012年日本浪曲協会理事に就任。「シブラクの唸るおねえさん」。浪曲の裾野拡大に大いなる野心を注ぐ。疲れたときは、深夜にハニートーストやみつまめのような甘いものを食べる。

▽橘家文蔵 たちばなや ぶんぞう
24歳で入門、芸歴31年目、2001年真打昇進。ツイッターで、朝ご飯や酒の肴など、日々の料理をつぶやいている。最近つくった料理は「稲庭うどん&ヒガシマル出汁つゆ使ったカレー南蛮」。疲れがたまるとシャワーを浴びて青汁と梅酢ソーダを飲む。