渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2018年 11月9日(金)~14日(水)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

11月9日(金)20:00~22:00 立川寸志 柳家小里ん 玉川太福* 古今亭文菊

「渋谷らくご」くもはるフェスin 渋谷らくご

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 ◎トークゲスト:雲田はるこ(『昭和元禄落語心中』原作者)
 ◎「ぷらすと × Paravi」にて中継あり(トークの中継はありません)

マンガ 『昭和元禄落語心中』の原作者の雲田はるこ先生をお迎えして、雲田先生がいま聴きたい噺家さんたちに出演していただく会です。
アニメ化、ドラマ化もされ好評の『昭和元禄落語心中』。落語人気の導火線ともなったこの作品の生みの親が、いま気になっている演者さんたち。
渋谷らくご楽しみな二つ目賞受賞の寸志さん、柳家のベテラン 小里ん師匠、浪曲の風雲児 太福さん、トリは奇跡の30代、古今亭文菊師匠です。


▽立川寸志 たてかわ すんし
44歳で入門、芸歴8年目、2015年二つ目昇進。2017年渋谷らくごたのしみな二つ目賞受賞。緊張を楽しめる性格。カラオケボックスに入り稽古を重ねる。先日首都大学東京発行の雑誌にて「笑いとOR 最適解の見つけ方」という対談をした。

▽柳家小里ん やなぎや こりん
21歳で入門、芸歴50年目、1983年9月真打ち昇進。大の映画好き。ユーロスペースにたびたび映画を観にくる。浅草のパチンコ屋に出没する。浅草演芸ホールに出演する落語家さんが突然来られなくなり興行が滞りそうな時は、前座さんはパチンコ屋に走り、小里ん師匠を探す。

▽玉川太福 たまがわ だいふく
1979年8月2日、新潟県新潟市出身、2007年3月入門、2012年日本浪曲協会理事に就任。2017年文化庁芸術祭大衆芸能部門の新人賞を受賞。この秋ソニーミュージックから浪曲CDが2枚同時に発売される快挙をなしとげる。靴下が可愛い。

▽古今亭文菊 ここんてい ぶんぎく
23歳で入門、芸歴16年目、2012年9月真打ち昇進。私服がおしゃれで、楽屋に入るとまず手を洗う。前座さんからスタッフにまで頭を下げてくださる。まつげが長い。雲田はるこ先生が描く文菊師匠は、声まで聴こえてきそうなほど似ている。