渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2018年 11月9日(金)~14日(水)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

11月14日(水)20:00~22:00 柳家小八 三遊亭遊雀 玉川奈々福* 瀧川鯉昇

「渋谷らくご」職人集団、参上! 瀧川鯉昇、登場

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 どんな番組でも確実な仕事する、いや、想像していたものよりも確実に上をいく仕事をして颯爽と去っていく。そんな職人のカッコよさ!
 渋谷らくご4周年記念公演のトリを飾るのは特別出演の鯉昇師匠です。
 真打昇進後も進化を続ける小八師匠、いまだその引き出しの多さをだれも把握しきれていない遊雀師匠、浪曲の玉川奈々福さんは浪曲というジャンルを背負って世界中で日々闘っている女傑です。
 この公演は、笑わせるだけではなく、心になにかを残してこの先の数ヶ月、数年、あるいは一生に残るかもしれない高座は聴けるであろうまたとない機会。職人たちのリレーがどういう結末を迎えるのか!? ご期待していてくださいね。

▽柳家小八 やなぎや こはち
25歳で柳家喜多八に入門、芸歴16年目、2017年3月真打ち昇進。最近IQOSからプルームテックに変えた。ファッションにこだわっていて、この時期は白いTシャツを着こなす。高座前はモンスターを飲んで集中する。最近麻雀をやりたがっている。

▽三遊亭遊雀 さんゆうてい ゆうじゃく
23歳で入門、芸歴31年目、2001年9月真打ち昇進。私服がおしゃれ。年末に開催されるある落語家の師匠主催の忘年会にて、遊雀師匠はベロベロになるとあられもない姿になってしまうらしい。

▽玉川奈々福 たまがわ ななふく
1995年曲師(三味線)として入門、芸歴23年目。浪曲師としては2001年より活動。2012年日本浪曲協会理事に就任。「シブラクの唸るおねえさん」。上海でおこなれた「世界幽黙芸術祭」に参加するほど、世界中で浪曲をおこなっている。

▽瀧川鯉昇 たきがわ りしょう
22歳で入門、芸歴44年目、1990年5月真打ち昇進。弟子を温かく見守るタイプの育成方法で、お弟子さんは鯉昇師匠のことが好き。年末になると大規模な忘年会を企画する。その忘年会で遊雀師匠はあられもない姿になってしまう。酒豪。生魚が苦手らしい。