渋谷らくご

渋谷らくごプレビュー&レビュー

2017年 11月10日(金)~15日(水)

開場=開演30分前 / *浪曲 **講談 / 出演者は予告なく変わることがあります。

イラスト

イラスト

11月13日(月)20 :00~22:00 立川談吉 入船亭扇里 立川左談次 橘家文蔵

「渋谷らくご」反骨の漢たちのポジティブ月曜日

ツイート

今月の見どころを表示

プレビュー

 週の頭の月曜日、憂鬱になっている人が多いかもしれませんが、この公演を聴けばあと一ヶ月は元気でいられることまちがいなし。癒しと笑いの2時間で、ポジティブな気持ちになれますよ!
 なにがあっても満足させてくれる文蔵師匠が最後にどっしりと構えていますが、本日の4名はいずれも反骨の獅子たち!
 覚悟を決めた芸風から、今日来て良かった元気出た!と、必ず思っていただけると思います。この回は必聴。

▽立川談吉 たてかわ だんきち
26歳で入門、芸歴10年目、2011年6月二つ目昇進。昨年末に結婚した。立川左談次一門。ツイッターでは、左談次師匠との顔の大きさが話題になっている。先日、鰤のアラを衝動買いした。

▽入船亭扇里 いりふねてい せんり
19歳で入門、芸歴21年目、2010年真打ち昇進。絵本作家。熱狂的な横浜DeNAベイスターズファン。先日、停電した東海道線の中に閉じ込められてしまった。食べられない時期は競馬で稼いでいた。渋谷らくごのポッドキャストから「扇里ファン」が急増中。

▽立川左談次 たてかわ さだんじ
17 歳で入門、芸歴50年目、1982年12月真打ち昇進。読書好き。談志師匠とおなじ病気にかかり、病院に出たり入ったり。その様子がツイッターにアップされており、痛々しいというよりは、ほほえましい。硬い白米よりも、柔らかい白米の方を好む。

▽橘家文蔵 たちばなや ぶんぞう
24歳で入門、芸歴31年目、2001年真打昇進。ツイッターで、朝ご飯や酒の肴など、日々の料理をつぶやいている。最近つくった料理は「麻婆丼と新生姜」。ベイスターズが好きで、日本シリーズは試合を見ながら水炊きをつついていた。